【炎上】女性スタッフが奴隷契約で命を絶ったと訴えられたビハイア社 / 取引ない企業を取引先として掲載し企業関係者ブチギレ激怒


image1-3

アニメやゲームやマンガ関連の求人サイト「ラクジョブ」。そのサイトを運営するビハイア株式会社で業務委託契約を結んでいた、事実上の従業員Xさんが、みずから命を絶った。

・社長から凄惨なパワハラ
彼女の死後、2018年10月17日(水曜日)に女性Xさんの遺族とビハイア株式会社の元従業員が「社長から凄惨なパワーハラスメントを受けた」として、ビハイア株式会社の清水有高社長と会社に対し、慰謝料など約9000万円を求める裁判を起こした。

・「コンビニに入るな」などGPSによる監視
あくまで原告側の主張だが、「見ているぞ」などのカメラによる監視、「コンビニに入るな」などGPSによる監視、借金を負わせられる、3~5分おきに起きているかLINEでチェックされる、怒鳴られる、そのほか宅数のパワハラを受けてきたという。それが事実であれば非常に非人道的な行為である。

・関わっていない企業を取引先として掲載
そんな物議を醸しているこの騒動だが、ビハイア株式会社が運営している求人サイト「ラクジョブ」が炎上している。取引実績がない、そもそも業務でなにひとつ関わっていない企業を取引先として公式サイトに掲載し、あたかも信頼と実績があるサイトのように見せていた疑惑が浮上しているのだ。

・ビハイアは企業名を勝手に取引先として書いている?
こうなると求人サイト「ラクジョブ」だけでなく、母体でビハイア株式会社の取引先企業にも疑惑の目が向けられるのは必然で「ビハイアは企業名を勝手に取引先として書いているのでは」との声が上がっている。

・勝手に取引先にされる問題
パワハラ裁判は原告側の言い分が正しければ決して許されるものではなく、早急に裁判を進め、ビハイア株式会社側の言い分も含め、公正に正しい答えを導き出してほしいものだ。

しかし、この「勝手に取引先にされる問題」は別問題として考える必要があり、これが事実であれば企業としてあるまじき行為なのは間違いない。この件に関しても、早急に社長の言い分を聞きたいものである。

もっと詳しく読む: 女性スタッフが奴隷契約で命を絶ったと訴えられたビハイア社 / 取引ない企業を取引先と掲載して企業関係者ブチギレ激怒(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/23/raku-job-be-higher-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧