【炎上】ガラスの仮面作者・美内すずえ先生ブチギレ激怒 / 偽物の絵日記をオークション出品「貴社も詐欺の手伝いをしたことになる」


suzue-nisemono

人気漫画「ガラスの仮面」や「妖鬼妃伝」の作者として絶対な支持を得ている人気漫画家、美内すずえ先生が不快感をあらわにしている。東京都の神保町で開催されているオークションイベントに「美内すずえの子どものころの絵日記」が出品されているのだが、それが偽物だったのである。

・子どもの頃に描いた絵日記が出品
物議を醸しているのは、2018年11月3~4日に開催される予定の「オークション in 神保町」の目録に掲載されている品物。そこには、美内すずえ先生が子どもの頃に描いた絵日記が出品されているのだが、それは偽物であり、美内すずえ先生が怒りを感じているのだ。

・Twitterに情報が掲載され偽物判明
そもそも出品されたこと自体を知らなかった美内すずえ先生。Twitterに情報が掲載されたことにより気が付き、以下のようにコメントしたことで、偽物だと判明したのだ。


suzue-nisemono1

・美内すずえ先生とオークション主催者のコメント
美内すずえ「内すずえ本人です。以下の絵日記は。まったくの偽物です。手を出さないで下さい。最近、このような偽物が多く、困っています。私は自分の子供時代の絵や、漫画作品を売りに出したりしません。皆さん、相手にしないで下さい」

美内すずえ「ビックリです! まったくのデタラメです。よくこんな詐欺みたいなことをしますね。皆さん、手を出さないで下さいね!」

主催者側「この度は大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。この品物はお客様からお預かりしたものですが、真贋の判断できずそのまま出品してしまいました。ただちに出品を取り下げ、当オークションサイトでもこの旨 公表・周知させて頂きます」

美内すずえ「大変早いご対応、ありがとうございます。真贋を確かめずに出品されるのは、とても危険です。もし誰がが購入されたなら、貴社も詐欺の手伝いをしたことになります。今後ともご注意下さい」

主催者側「点、このオークションは当社・有限会社夏目書房が主催し、ツイートにある東京堂書店様の会場をお借りしてるだけです。この件には東京堂書店様は一切無関係ですので、その旨ご理解いただけますようお願い申し上げます」

suzue-nisemono3
suzue-nisemono2

・美内すずえ先生を侮辱する行為
美内すずえ先生は日本のみならず、海外にも多くのファンがいるカリスマ的人物であり、人間国宝と言っても過言ではない存在。藤子F不二雄先生にも影響を与え、ドラえもんの作中作として「ガラスのカメ」が登場したこともあるほど。そんな人物の名前を使用して偽物を作ることは、美内すずえ先生を侮辱する行為になるだけでなく、ファンをも馬鹿にした行為と言える。

・本物か偽物か確認する必要がある
美内すずえ先生によると、このような偽物が多く出回っており、困っているという。もし公式ではない「美内すずえ先生の作品」を名乗るものがあった場合は、逐一本物か偽物か確認する必要がありそうである。

もっと詳しく読む: ガラスの仮面作者・美内すずえ先生が不快感 / 偽物の絵日記をオークション出品(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/23/suzue-miuchi-glass-mask-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

漫画の新着記事一覧