【緊急事態】東京都目黒区で赤痢の集団感染が発生中 / 区役所が注意喚起「感染力が強く十分な注意が必要」


img3

東京都目黒区において、赤痢(せきり)の集団感染が発生していることが判明し、目黒区役所は目黒区内の病院やマスコミに対して事態を報告し、注意喚起している。

・すでに21人が感染している
赤痢の集団感染が発生して問題視されているのは、目黒区内にある保育園。その保育園に通っている園児に下痢や血便などの症状が発生し、赤痢と診断された。その後園児や職員を診断したところ、2018年10月23日現在で21人が感染していることが判明したという。

・赤痢は感染力が強い
感染者のうち20人が園児で、1人が職員だという。そし2人の園児が入院する事態となっており、赤痢は感染力が強く園児や職員だけでなく、その家族への感染や、家族から他人への感染など、感染拡大が不安視されている。

img1
img

・目黒区役所のコメント
「目黒区内の保育園において、細菌性赤痢の集団発生の事例がありました。細菌性赤痢は、近年では重症化する事例は少なくなってきていますが、感染力が強く、施設や家庭等でも感染が拡大することがあり、十分な注意が必要です」

「細菌性赤痢の感染経路は、経口感染です。食事前やトイレの後、排泄の介助やオムツ交換等を行った後には、その都度、石鹸と流水による手洗いをきちんと行うことが重要です。菌に汚染した可能性のある場所は、適切な方法で消毒を行う必要があります」

・自覚なしに赤痢に感染している可能性
赤痢は大腸感染症のひとつで、下痢、血便、腹痛、発熱などが続く。潜伏期間が1~5日ともいわれており、感染していながら症状が出ないこともあるため、自覚なしに赤痢に感染している可能性も否めない。

・清潔さを保つことが重要
徹底して手を洗い、汚れた場所は殺菌するなどして感染確率を低くしよう。特に人が多くいる場所に行ったり、子どものおむつやトイレの世話などをした際は清潔さを保つことが重要だ。

meguro

もっと詳しく読む: 東京都目黒区で赤痢の集団感染が発生中 / 区役所が注意喚起「感染力が強く十分な注意が必要」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/24/meguroku-sekiri-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧