【話題】Facebookで3D写真を投稿する方法 / 投稿ボタンが表示されない人もこれで大丈夫


3d-photo1

Facebookで「立体的に見える写真」を投稿している人を見かけませんか? ぐるりと周囲を見渡せる360度写真とは違い、画面のスクロールやマウスの移動によって平面の写真が浮き出て見えるというものです。

・3D写真の投稿方法を解説
当初はベータテストとして一部のユーザーのみが投稿できるシステムと思われていましたが、実は特定の条件を満たしていれば、誰でも投稿が可能なのです。今回は、3D写真の投稿方法を解説したいと思います。

・3D写真を投稿するための条件
3D写真を投稿するには、iPhone7 Plus、iPhone8、iPhone X、iPhone Xs、iPhone Xs Max のユーザーである必要があります。そしてFacebookアプリをインストールしていることも3D写真を投稿するための条件となります。

・メッセージ投稿時に3D写真の項目が出現
上記のiPhoneユーザーで、さらにFacebookアプリを使用しているならば、次にFacebookページの「Facebook 360」に対して「いいね!」をしましょう。そしてFacebookアプリをシャットアウトして再起動すれば、メッセージ投稿時に3D写真の項目が出現します。

<3D写真を投稿する条件>
1. iPhone7 Plus、iPhone8、iPhone X、iPhone Xs、iPhone Xs Max のユーザー
2. Facebookアプリを使用する
3. Facebookページ「Facebook 360」に いいね! する
4. ポートレートモードで写真を撮っている

3d-photo
3d-photo3

・ポートレートモードで撮影する必要あり
3D写真を投稿するには、すでにiPhoneのポートレートモードで写真を撮影している必要があります。ポートレートモードで撮影されて写真には空間の奥行きが保存されており、被写界深度エフェクトを適用できるため、3D写真として表示することが可能なのです。

「私だけ投稿できない!」という人は、上記の条件を満たしてみましょう。きっと投稿できるようになるはずですよ。

3d-photo2

もっと詳しく読む: Facebookで3D写真を投稿する方法 / 投稿ボタンが表示されない人もこれで大丈夫(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/25/facebook-3d-photo-method-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

雑学・まめ知識の新着記事一覧