【衝撃】安田純平がテロリストから受けた拷問を激白 / 空腹時に「食事で缶詰を出しても缶切りを渡さない」など卑劣な行為


yasuda-junpei1

2015年から2018年まで、約3年4か月もの間、シリアのアルカイダ系テロリスト武装勢力「ヌスラ戦線」(現タハリールアルシャーム機構)に拉致されていた、自称ジャーナリストの安田純平氏(44歳)。日本政府から協力要請を受けたカタール政府が身代金3億4000万円をテロリストに支払い、無事に解放されて帰国した。

・拘束は安田純平の自作自演だった!?
今回の安田純平氏の拉致事件には、さまざまな疑惑が浮上している。特に議論が激化しているのが、「テロリストに拘束されたのは安田純平の自作自演だった」という疑惑だ。安田純平氏は過去合計5回もテロリストや武装勢力、公安等に拘束されたことがあるため「プロの人質なのでは」ともいわれているのである。

・三浦瑠麗が苦言
さらに「カタール政府はテロリストを支援するため身代金という名目で金を渡した」という疑惑も出ており、国際政治学研究者の三浦瑠麗氏(38歳)は「結局は安田純平がシリアに行ってテロ組織にお金が渡っただけ」と苦言を呈している。まさに疑惑だらけの事件なのだ。

yasuda-junpei
yasuda-junpei11


炎上という意味では「安田純平は日本政府を敵対していたのに日本政府に助けられた」として日本国民から猛烈にバッシングを受けており、救出後に「日本政府が動いて解放されたと思われるのは避けたい」とコメントしたことから、さらに炎上。物議を醸す状態となっている。

・缶切りをもらえない嫌がらせ
そんな安田純平氏だが、マスコミの取材に対して「食事で缶詰を出しても缶切りを渡さない等の嫌がらせを受けた」と発言。食べたいのに食べられない状況に陥ることがあったというのだ。なんとも酷い拷問である。目の前に食料があるにも関わらず食べられないのだから、かなり苦しんだに違いない。

【続報】
【衝撃】安田純平が激白したテロリストから受けた7つの虐待と拷問 / 信じられない非道な「やってはいけない」の数々

もっと詳しく読む: 安田純平がテロリストから受けた拷問を激白「食事で缶詰を出しても缶切りを渡さない等の嫌がらせを受けた」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/28/yasuda-junpei-kankiri-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧