【炎上】安田純平に言い逃れできない6つの疑惑浮上 / 日本国民「安田純平に自己責任より説明責任を求める」


yasuda-jumpei2

自称ジャーナリストの安田純平氏(44歳)が、シリアでアルカイダ系テロリスト集団「ヌスラ戦線」(現タハリールアルシャーム機構)に監禁されていた事件は、拘束から2年以上が経過した2018年10月23日に解放され、無事に日本へ帰国した。

・日本政府の働きかけで解放された安田純平
安田純平氏は以前から自己責任論を強く推していた人物で、「休みで行くので自己責任だ」という考えも自身のTwitterで明言している。また、危険地帯への渡航を制止しようとしてくる日本政府にも猛烈なバッシングをしていた。しかし案の定、安田純平氏はシリアでテロリストに拘束され、日本政府の働きかけでカタール政府の協力により身代金3億4000万円を支払って解放に至った。

・いくつもの新たな疑惑が浮上
そんな状況下なため、安田純平氏は日本国民から厳しいバッシングを受けているが、いくつもの新たな疑惑が浮上し、物議を醸している。それらの疑惑は安田純平氏の拉致監禁事件を根底から覆す可能性があるからだ。少なくとも以下の疑惑が問題視されている。

・安田純平に関する6つの疑惑
1. カタール政府が「身代金の支払いはしてない」と断言
2. テロリスト集団が安田純平を「知らない」「拘束してない」と断言
3. 3年以上も虐待を受け監禁されていたのに健康体
4. 3年以上も虐待を受け監禁されていたのに歯が真っ白でキレイ
5. 3年以上も虐待を受け監禁されていたのにすり傷や虫刺されがほぼないキレイな身体
6. 監禁期間中に安田純平名義のクレジットカード使用

yasuda-junpei

・黙って言い逃れすることは不適切
それらの疑惑は安田純平氏が記者会見や警視庁の捜査に協力することで判明するものもあると思われるが、このまま黙って言い逃れすることは不適切であり、しっかりと説明するべきである。多くの人たちがそう感じているようだ。

・疑われても仕方がない状況にある
一部の報道では、テロリストと人質がタッグを組んで、身代金を分配するケースもあるという。安田純平氏がそのような行為をしたとは思いたくないが、疑惑が疑惑のままである以上、疑われても仕方がない状況にあるのは確かだ。

ちなみに、安田純平氏は「安田純平が激白したテロリストから受けた7つの虐待と拷問」を激白しており、世間から大きな注目を集めている。一部の日本国民からは「安田純平に自己責任より説明責任を求める」との声も出ており、疑惑が消えるよう、真実を早く語ってほしいものである。

【続編】
【話題】解放された安田純平がまたシリア渡航か / 武田鉄矢が大絶賛「またシリアに行ってほしい! もう一回! 何回でも!」

もっと詳しく読む: 安田純平に言い逃れできない6つの疑惑浮上 / 日本国民「安田純平に自己責任より説明責任を求める」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/29/yasuda-junpei-jikosekinin-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧