【衝撃】美人すぎる女性漫画家・柴田亜美先生の8つの秘密 / ガチの愛犬家である


shibata-ami-papuwa

柴田亜美先生といえば、美人すぎる漫画家として知られているだけでなく、ディープでマニアックな知識を持ちながら、シュールな世界を描く天才としても知られている。

人を楽しませる天才! 柴田亜美先生
「南国少年パプワくん」「ジャングル少年ジャン番外編 ドッキンばぐばぐアニマル」などの名作を描き、多くの人たちを楽しませてきた柴田亜美先生だが、あまり知られていない秘密がいくつか存在する。そこで今回、柴田亜美先生の8つの秘密をお伝えしたいと思う。あなたが知っている柴田亜美先生の秘密はあるだろうか?

・柴田亜美先生の8つの秘密
1. ガチの愛犬家である
柴田亜美先生はワンコが大好きで、自身の漫画にもワンコが登場することがあるほど。そして単にかわいがるだけでなく、ワンコに対するボランティア活動もしており、引き取り手がいないワンコを飼うなどしている。

2. キツネっぽい自画像はタヌキ
柴田亜美先生が漫画に本人役として登場する際、いつもキツネのような動物にデフォルメされて描かれているが、実はキツネではなくタヌキ。誰がどう見てもキツネだが、本人はキツネのつもりで描いている。

3. 実は美容家としてサロンも営業していた
柴田亜美先生は健康に気を遣う人物としても知られており、なんとプライベートサロン『ボディオートクチュールami』も営業していたが2018年9月30日に閉店した。しかし復活を希望する声も上がっている。

4. 有名ゲームクリエイターと交流
柴田亜美先生は週刊ファミコン通信(ファミ通)などで連載していた過去もあり、多くのゲームクリエイターと交流している。たとえば「メタルギア」シリーズの小島秀夫氏や、元カプコンの岡本吉起氏とは仲良し。

5. ザクロアレルギーで死にそうになった

6. タトゥーを入れている
Eカップはあると言われている右胸にタトゥーを入れていることが判明しており、極めて色っぽい部分であることから、一部のファンが興奮したことは言うまでもない。

7. スクエニの編集者にナンパされて漫画家になった
数々の賞を獲得して実力を発揮していた柴田亜美先生だが、プロとしてやっていく気はなく、連載を断っていたという。しかし渋谷の路上でスクエニの編集者に「漫画を描いてほしい」とナンパされ、漫画を描くことにしたという。

8. 実録の猫マンガを描いている
ビジュアル系として絶大な人気を得ている煉(レン)さんと飼い猫の生活を描いた「れんコテ V系バンドマン×やんちゃネコの育猫奮闘記」が、柴田亜美先生の漫画として誕生。

2018年7月に発売されたばかりの漫画であり、柴田亜美先生にとって最新作の単行本となる。

shibata-ami-papuwa3

・柴田亜美先生は天才すぎる人間国宝
柴田亜美先生はコミカルで軽快な漫画を描くプロだ。その面白さに魅了され、コミックスを買いまくった少年少女も多いはず。

今後もファンが柴田亜美先生の漫画を読み続けられるよう、マンゴーアレルギーにならないように生きてほしいものである。

shibata-ami-papuwa1

もっと詳しく読む: 美人すぎる女性漫画家・柴田亜美先生の8つの秘密 / ガチの愛犬家である(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/30/shibata-ami-mango-news/

※一部情報に誤りがありました。修正して深くお詫び申し上げます

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

漫画の新着記事一覧