【話題】解放された安田純平がまたシリア渡航か / 武田鉄矢が大絶賛「またシリアに行ってほしい! もう一回! 何回でも!」


yasuda-junpei-air3

シリア国内でアルカイダ系テロリスト組織「ヌスラ戦線」(現タハリールアルシャーム機構)に監禁されていた、自称ジャーナリストの安田純平氏(44歳)。日本政府が海外テロ組織調査部隊90人を動員し、カタール政府と密に連絡を取り合い、安田純平氏の救出を成功させた。

・日本政府に対して厳しいコメント
もともと安田純平氏は日本政府に対して猛烈にバッシングするスタンスで生きており、日本政府の尽力によって解放されたあとも「日本政府が動いて解放されたと思われるのは避けたい」と話すなど、日本政府に対して厳しいコメントをしていた。

・安田純平氏に対してエール
それゆえ、安田純平氏に対して日本国民や著名人が厳しい声を上げている。国際政治学研究者の三浦瑠麗氏(38歳)は「結局は安田純平がシリアに行ってテロ組織にお金が渡っただけ」と苦言を呈している。しかしタレントの武田鉄矢氏(69歳)は安田純平氏に対してエールを送っており、「俺はまだシリアに行ってほしい!」とコメントしている以下は武田鉄矢氏のコメントである。

yasuda-junpei1

・武田鉄矢氏のコメント
「俺はまだ(シリアに)行ってほしいですね。もう一回。何回でも! それがこの人の人生の辻褄が合う」

・とことん危険なところに行って取材をして
武田鉄矢氏は安田純平さんに対して好意的で、捕まるリスクがありながらもシリアに入っていった彼の勇敢さ(無謀さ)を貫くならば、とことん危険なところに行って取材をしてほしいようだ。

・「ピーチ姫」の異名を持つ安田純平氏
もしかすると、安田純平氏のシリアへの再入国の日は近いかもしれない。また拘束されれば通産6回目の拘束となるが、何度もさらわれる「ピーチ姫」の異名を持つ安田純平氏なら、それもじゅうぶん現実味のある話と言えよう。

しかし安田純平氏はテロリスト集団に7つの拷問を受けていた事が判明しており、かなり苦しい監禁生活を強いられる覚悟が必要だ。

もっと詳しく読む: 自己責任論の安田純平を武田鉄矢が大絶賛「またシリアに行ってほしい! もう一回! 何回でも!」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/30/yasida-junpei-takeda-tetsuya-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧