【緊急速報】安田純平がライトノベル化決定か「転生したら安田純平だった」「Re:ゼロから始める拘束生活」「私が拘束されたのはどう考えても安倍が悪い」


yasuda-junpei-air3

2015年にシリアにてアルカイダ系テロリスト組織「ヌスラ戦線」(現タハリールアルシャーム機構)に拘束され、3年以上も監禁生活が続き、非道な拷問の数々を受け続けてきた自称ジャーナリストの安田純平氏(44歳)。

・ライトノベルとして発売か
いま現在「言い逃れできない6つの疑惑浮上している」との情報も入っており、物議を醸している安田純平氏だが、2019年には彼の生活をもとにしたフィクション作品がライトノベルとして発売されるのではないかとの情報が入ってきた。

・あらゆるジャンルにおいて書籍化か
これはメディア関係者が「出版業界で話題になっている情報」として語っているもので、少なくとも安田純平氏に複数の出版社がコンタクトを試みており、あらゆるジャンルにおいて書籍化を目指しているという。


yasuda-jumpei1

・安田純平の経験を新解釈したもの
また、ライトノベル化に関しては必ずしも安田純平氏の許可を得るとは限らないようで、本当にライトノベル化が実現するとなれば「あくまでフィクション作品」「安田純平の経験を新解釈したもの」とのこと。

・複数の作家が自主的に執筆を始めてる!?
あくまで未確認情報だが、すでに「転生したら安田純平だった」「Re:ゼロから始める拘束生活」「私が拘束されたのはどう考えても安倍が悪い」など、複数のアイデアが浮上しているという。そして安田純平氏の経験を新解釈した作品(またはインスパイアした作品)として、複数の作家が自主的に執筆を始めてるとの噂もあるという。

yasuda-junpei1

・メディア関係者の声
「これは未確認情報ながら、安田純平さんをもとにしたライトノベルが出るとすればそのひとつは「何度タイムリープしても拘束されてしまうストーリー」「複数の世界線を旅して拘束を逃れようとするストーリー」になるとの話があります。もし事実ならば非常に興味深い内容になりそうですが、安田順平さん本人が許諾を出すかどうか不明です」

・爆発的ヒット間違いなしか
内容がどのようなものになるか不明だが、少なくとも2019年は安田純平氏に関する本が発売されるのは「ほぼ確実」と言ってよいようだ。もしライトノベルが発売されれば、爆発的ヒット間違いなしかもしれない。ちなみに俳優の武田鉄矢は安田純平氏に「また何度でもシリアに行ってほしい」と話しており、物議を醸している。


もっと詳しく読む: 安田純平が2019年にライトノベル化決定か「転生したら安田純平だった」「Re:ゼロから始める拘束生活」「私が拘束されたのはどう考えても安倍が悪い」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/31/yasuda-junpei-isekai-novel-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧