【話題】日産社内のカルロスゴーンのニックネームはセブンイレブン / その由来が凄い


carlos-ghosn1

日産自動車の代表取締役会長として有名なカルロス・ゴーン容疑者(64歳)が、有価証券報告書に報酬を50億円も過少に記載し、金融商品取引法違反容疑で逮捕された事件で、新たな情報が入ってきた。

・社内で「セブンイレブン」
日産自動車の社員によると、カルロス・ゴーン容疑者は社内で「セブンイレブン」と呼ばれており、多くの社員が彼をそのように見ていたという。ではどうしてセブンイレブンと呼ばれていたのだろうか?

・セブンイレブンと呼ばれていた理由
カルロス・ゴーン容疑者は朝7時に出社し、夜11時まで仕事をしていたという。つまり7と11でセブンイレブンというわけだ。そんなセブンイレブン状態のカルロス・ゴーン容疑者だが、社内において日産自動車の仕事だけをしていたのかと言われれば、違う可能性も浮上している。

carlos-ghosn8

・日産社内で他社の仕事
メディア関係者は「ゴーンさんは日産社内で他社の仕事をしていた可能性があります」と話す。そもそも複数の会社に所属するカルロス・ゴーン容疑者は、契約時に他社の仕事も同時に行うことに合意させているはずなので日産社内で他社の仕事をしても問題ないのかもしれないが……。

・無類の焼肉好きとして知られる人物
また、かなりグルメなカルロス・ゴーン容疑者は焼肉が大好きで、麻布十分の格安焼き肉店で何度も目撃例があるほど。さらにカルロス・ゴーン容疑者はラーメンや魚介類も好きなことで有名であり、今後刑務所に入ることになれば、それらの食事ができなくなり、彼にとってつらい生活となりそうだ。

もっと詳しく読む: 日産社内のカルロスゴーンのニックネームはセブンイレブン / その由来が凄い(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/11/20/carlos-ghosn-711-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧