【悲報】吉沢ひとみ被告が懲役2年確定したら受ける「屈辱的な行為リスト」がヤバイ / 自業自得だが凌辱的行為


yoshizawa-hitomi2

国民的アイドルグループ「モーニング娘」のメンバーとして活躍した経歴がある吉沢ひとみ被告(33歳)が、自動車運転処罰法違反に問われたひき逃げ事件。その後、東京地裁の公判にて検察側は懲役2年を求刑し、公判は結審。判決が2018年11月30日11:00に言い渡されることになっている件について、新たな展開があった。

・恥ずかしい行為を合法な理由で受ける
もし、吉沢ひとみ被告が検察側の求刑通り実刑2年になった場合、元アイドルとして活躍した吉澤ひとみ被告に地獄が待っていると言われているのだ。それもそのはず、どんなに有名な人物でも、「恥ずかしい行為を合法な理由」により受けなくてはならないと言われているからである。

・牛や羊のように四つんばい
実刑として執行猶予なしの2年間の懲役刑を受けた場合、吉沢ひとみ被告は女子刑務所に送られることになる。その際、牛や羊のように四つんばいになり、膣内や肛門内部を徹底的に目視でチェックされることになるという。

・法規的なルールとはいえ凌辱を受ける可能性
徹底的に調べられるため、経験がない女性はメンタル的に大きなダメージを受け目という。たとえひき逃げ事件を起こしたとはいえ、メンタルの強さは別の話。いくら犯罪をおかしたとしても、法規的なルールとはいえ凌辱ともいえる行為をされるのだから、ショックを受けるのは理解できる。

・女子刑務所における不安リスト
1. 膣内を徹底的に確認される
2. 肛門を徹底的に確認される
3. 望まない肉体的行為を強制させられるむ可能性がある

・他の受刑者から肉体を求められる?
あくまでエビデンスがない「経験者が語る」「女性刑務所での逸話」レベルの話だが、他の受刑者から肉体を求められ、望まない状況で関係を強要せられるとの話もあるという。もし事実であれば、なんとも屈辱的な行為である。

・彼女の逮捕は深く考える機会
確かに罪人でも、罪人だからといっても悲惨な状況下で生活しなくてはならないのは「放棄を逸脱した状態」といえる。自業自得の部分と「それを逸脱した法規外の極悪行為」は別物と考えるべきかもしれない。どうあるべきか、深く考える機会といえるかもしれないが、皆さんはどうお思いだろうか。

もっと詳しく読む: 吉沢ひとみ被告が懲役2年確定で受ける「屈辱的な行為」がヤバイ / 自業自得だが凌辱的行為(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/11/29/yoshizawa-hitomi-keimusho-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧