【猫特集】キミは東大生に愛される「駒場ネコ」を知っているか! 東大敷地内で飼われている地域ネコ


komaba-neko7

東京大学の敷地内に棲みつき、学生や教員らに愛されている猫が存在する。その猫は親しみを込めて「駒場ネコ」と呼ばれており、複数の駒場ネコが確認されている。

・東大に出向けば高確率で出会える!?
駒場ネコは東大の駒場キャンパスに棲んでおり、非常に人間に慣れているため、東大の入口付近を訪れて人間観察していることもあるという。実際に東大に出向けば高確率で駒場ネコたちに遭遇するようで、多くの目撃情報がインターネット上に書き込みされている。

・いろんな意味で「縁起もの」なニャンコ
今回、実際に駒場キャンバスに出向いてみたところ、本当に駒場ネコがいた。日本でもっとも天才が集まると言われている東大。そこに住んでいる駒場ネコ。いろんな意味で「縁起もの」と言えるかもしれない。

komaba-neko3
komaba-neko
komaba-neko1


komaba-neko5
komaba-neko6

・運が良ければ駒場ネコのほうから近寄ってくる!?
人に慣れているとはいえ、駒場ネコは特定の飼い主を持たない一匹狼。無理に抱っこしようとしたり、ナデナデしようとするのは控えよう。運が良ければ駒場ネコのほうから近寄ってきてくれるかもしれない!?

・いろんな意味で「縁起もの」
駒場ネコに出会えるかどうかはわからないが、出会えたらラッキー。もし東大に行く機会があれば、ちょっと草むらなどに目をやって探してみるのもありかもしれない。

komaba-neko8

もっと詳しく読む: キミは東大生に愛される「駒場ネコ」を知っているか! 東大敷地内で飼われている地域ネコ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/12/07/fortune-cat-university-of-tokyo/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

子どもと動物の新着記事一覧