【悲報】立憲民主党・有田芳生さんが打撲 / 手のひらが青く変色する「これは地味に痛いはず」


itai

立憲民主党の参議院議員であり、ジャーナリストとしても知られている有田芳生さん(66歳)が打撲していた事が判明し、大きな話題となっている。

・打撲した手のひらの写真を掲載
有田芳生さんは歯に衣着せぬ発言で話題になることが多々あり、ときに炎上することもある人物。あるゆる意味で燃え続けている人物だが、そんな彼が自身の公式Twitterに打撲した手のひらの写真を掲載し、多くの人たちが反応している。

・有田芳生さんのコメント
「左掌が打撲で青くなっていることに気づきました」


・これ地味に痛いんですよ
有田芳生さんが掲載した打撲した手のひらの写真を見てみると、確かに青くなっているのが目視で確認できる。日常生活で手のひらを打撲する人は少ないと思われるが、同じように手のひらを痛めた経験者に話を聞いたところ「これ地味に痛いんですよ。ジワジワと、ジンジンと、痛みが響くという感じです」と語っていた。かなり痛いらしい。

・治療に専念してほしい
有田芳生さんは66歳であり、小さな傷や病気が大きな病気に繋がりかねない年齢ともいえる。しっかりと病院で診察を受け、治療に専念してほしいものである。

もっと詳しく読む: 参議院議員・有田芳生さんが打撲 / 手のひらが青く変色する「これは地味に痛いはず」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/12/12/arita-yoshifu-daboku-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧