【緊急事態】紀州のドンファン死亡騒動で「県警が美人妻の重要書類を入手した」と報道 / いよいよ犯人逮捕間近か


image61

4000人以上の美人と大人の関係を持ち、約30億円もの大金を貢いできたといわれている実業家の紀州のドンファンこと野崎幸助氏(77歳)。彼が覚せい剤の摂取により怪死した騒動で、あまりにも衝撃的な情報が入ってきた。

・妻に関する重要書類を入手した
操作にあたっている県警が「に関する重要書類を入手した」というのである。これは全国紙の和歌山県担当記者がCBCテレビなどのテレビメディアに語った情報で、さらに県警は「事件に黒幕は存在しているものの実行したのは近しい人間でないと不可能」とも語っていたという。

・あたかも犯人であるかのような情報の出し方
その「妻の重要情報入入手」「近しい人の犯行」というふたつの情報は、県警が紀州のドンファンの美人妻である須藤早貴さん(旧姓 / 22歳)を捜査対象としてマークしていることを暗に意味しており、あたかも犯人であるかのような情報の出し方をしていることがわかる。

・須藤早貴さんが犯人と決まったわけではない
以前から須藤早貴さんはマスコミに対して「警察から疑われていると思う」と話しており、自身も疑惑の目で見られていると自覚していることがわかる。須藤早貴さんが犯人であると決まったわけではないため、県警が記者を通じてこのような情報を出すのは異例だ。

・かなり疑惑の目で見ている
警察がマスコミに対してこのような情報を出す際は、よほど犯人が特定されていないと出さないのが常であり、県警が須藤早貴さんに対してかなり疑惑の目で見ているのが想像できる。はたして、県警は須藤早貴さんのどんな重要情報を得たのか、大きな注目が集まっている。

もっと詳しく読む: 紀州のドンファンで警察が「美人妻に関する重要書類を入手」したと報道 / いよいよ犯人逮捕間近か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/12/18/kishu-no-donfan-hannin-taiho/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧