【朗報】伝説のゲーム雑誌ゲームラボ復活 / 月刊誌ではなくムックとして不定期発刊「売れないと次はない」


game-labo

あらゆるゲーム会社に嫌われながらも根強い固定ファンがいた人気ゲーム雑誌「ゲームラボ」(三才ブックス)が、2018年12月に復活していた事が判明し、日本中のゲームラボファンが歓喜している。

・電子版をKindleから発売
ゲームラボは月刊誌として人気を博していたが、2017年に惜しまれつつ休刊し、事実上の廃刊となった。しかし突如として2018年12月17日に復活。今回は電子版もKindleから発売しており、紙でもデジタルでも楽しめるようになっている。

・売れないと次号は出ない
しかしながら、今回のゲームラボは月刊誌ではない。そして季刊誌でもない。もちろん週刊誌でもない。では何なのか? 今回発売されたゲームラボはムックという扱いであり、次号の販売予定は未定。事情通によると「今回のゲームラボが売れなかったら、次号は絶対に出ないといわれています」とのこと。

game-labo1

・漫画家ピョコタン先生の新作も掲載
ムック扱いになっている影響なのか、ややお値段は高めの1521円。Kindleの電子版は907円なので、できるだけ安く内容を知りたい人はKindleで買うと良いだろう。ちなみに、漫画家ピョコタン先生の新作も掲載されている。

・ゲーム業界にこそファンがいる
ゲームラボは、ゲーム機が発売されれば即日に解体してバラバラにするという、ゲームメーカーから敵視されていたゲーム雑誌だが、実はゲーム業界にこそファンがいるともいわれている。もし次号を読みたいならば、今回のゲームラボを購入して応援してみてはいかがだろうか。

もっと詳しく読む: 伝説のゲーム雑誌ゲームラボ復活 / 月刊誌ではなくムックとして不定期発刊「売れないと次はない」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/12/21/game-labo-fukkatsu-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ゲームの新着記事一覧