【炎上】アパマン爆発事故で社長が「ノルマない」と嘘の発言か / 元従業員「ノルマあった」「数字上げてナンボの会社」


kaji2

2018年12月17日に発生した、札幌市豊平区平岸の大爆発は、不動産会社「アパマンショップ」事務所内にて100本以上の消臭スプレーから放出したガスが給湯機に引火し、発生したことが判明。その後、ガスが漏れしっゅ化に繋がったとされているが、新たな展開があった。

・入居時に物件を消臭するための消臭スプレー缶
アパマンに大量の消臭スプレーがあったのは、入居時に物件を消臭するためであり、入居者から1万円以上ほどの料金をもらい、スタッフが部屋に噴射していたといわれている。アパマンショップの店舗ごと、スタッフごとに消臭スプレーを販売するノルマがあったともいわれている。

・社長「ノルマはない」
しかしアパマンショップの社長は「ノルマはない」とマスコミの前で断言。さらに「スプレーの売り上げにノルマはなく、なぜスプレーの在庫が大量にあったのかはわからない」と発言し「ノルマあがあった説」を完全否定した。

・元スタッフ「ノルマはあった」
だがしかし、新たな証言として元アパマンスタッフが現状を暴露。「ノルマはあった」「数字上げてナンボの会社」「売上がないと給料に歩合がつかないお金がある」と発言し、それが事実であれば社長が嘘をついていることになる。

・実際は消臭スプレーを使用していなかった?
元スタッフの証言が事実であれば、どうして社長は嘘をついたのか? それは「消臭スプレーを売っておきながら実際は消臭スプレーを使用していなかったからではないか」と言われている。消臭スプレーが未使用だったため、在庫が増えすぎて処分する必要があり、アパマン事務所で噴射。そして爆発につながった可能性があるからだ。

・全員を口止めすることは不可能
はたして真相はどうなのか? アパマンは大規模な不動産仲介業者であり、多くのスタッフがいる。その全員を口止めすることは不可能であり、社長が嘘をついているとすれば、今後、新たな証言がスタッフや元スタッフから出てくるのは間違いない。

【続報】
【炎上】アパマン爆発事故で元スタッフが会社の詐欺行為を暴露「詐欺行為です」「やらずにお金をもらう」

もっと詳しく読む: アパマン爆発事故で社長が「ノルマない」と嘘の発言か / 元従業員「ノルマあった」「数字上げてナンボの会社」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/12/25/apaman-explosion-accident/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧