【衝撃】人権派ジャーナリスト広河隆一の知られざる9つの秘密「妻は出版社勤務」「娘は著名な画家」


img256

人権派ジャーナリストとして活躍している広河隆一(75歳)といえば、中国生まれの日本人としても知られており、フォトジャーナリストや戦場カメラマンとしても広く知られている人物だ。

・まだまだ知らなかった一面がある
今回は、そんな広河隆一の知られざる9つの秘密をお伝えしたいと思う。広河隆一のことを知っているつもりでも、まだまだ知らなかった一面がわかるかもしれない。

・広河隆一の知られざる9つの秘密
1. 最初の妻はイスラエル生まれ
広河隆一は離婚歴があり、最初の結婚相手はイスラエル生まれのルティ・ジョスコビッツさんで、彼女は広河ルティとも呼ばれていた。フランス国籍を離脱して日本国籍を得ようとしたものの、同化不十分として却下された過去がある。

2. 娘は沖縄在住のタミイJ広河(広河J民)
前妻のルティ・ジョスコビッツさんとの間に生まれた娘、タミイJ広河さんは画家やパーカッション奏者として活躍しており、その才能を発揮している才女だ。現在は沖縄在住と言われており、創作活動を進めているという噂もある。

3. 月刊写真雑誌「DAYS JAPAN」の編集長だった
写真で世の中にセンセーションを呼ぶことを目的とした写真雑誌「DAYS JAPAN」の編集長として活躍していた時期があった。いま現在は編集長ではないが、2019年に休刊予定との噂もある。

4. 妻は出版社勤務
広河隆一はルティ・ジョスコビッツさんと離婚後に再婚しており、今回の妻は出版社勤務の女性だと言われている。できる男には魅力ある女性がふさわしいということかもしれない。

5. チェルノブイリ子ども基金の代表だった
かつて「チェルノブイリ子ども基金」の代表をしていた時代があり、創設者のひとりでもある。広河隆一は人権派ジャーナリストとして、子どもや女性たちを救うことに繋がる報道を複数行っている。

6. 何よりも人権を尊重する人物
広河隆一は人権派ジャーナリストというだけあり、人権を何よりも尊重する人物。子どもにも、外国人にも、そしてなにより女性に対しても人権を尊重すると言われているとかいないとか。とはいえ、他人には見せない広河隆一の別の側面があるかもしれない。

7. 75歳になっても世間をにぎわせる有名人
広河隆一は75歳という高齢でありながら、2018年現在も世間を賑わせる人気者。数多くのインターネットニュースで話題を呼び、週刊誌にも多数の記事が掲載されている話題が絶えない人物だ。

8. 実は漫画原作者でもある
講談社のマガジンコミック「AIDS―少年はなぜ死んだか」の原作者としても活躍した過去があり、大きな反響を呼んだ。

9. 広河隆一は女の子が好き
男性の多くが女性を好む流れがあるが、広河隆一も例にもれず女性が大好きとの噂がある。現在は75歳だが、高齢でもアクティブに活動するためには、女性関係もアクティブであることが秘訣なのかもしれない。

・今後も大きな注目が集まる人物
人権派ジャーナリストとしてカリスマ的存在となっている広河隆一だが、彼は弱者を助けるべく様々な報道活動をしている。そんな彼を慕う者は多いはずであり、今後も大きな注目が集まる人物だ。


もっと詳しく読む: カメラマン広河隆一の隠された7つの秘密(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/12/25/hirokawa-ryuichi-cameraman-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧