【緊急事態】アレルギー性鼻炎薬を2種類同時に飲んでみた結果 → とんでもない事態が発生


okusuri

「このまま干からびて天国に逝くんじゃないかと思いました」と語るのは、2種類のアレルギー性鼻炎薬を同時に飲んで危機的な状況に陥ったという男性Aさん(49歳独身)である。

・市販の鼻炎用内服薬も同時に飲んだ
Aさんは突発的に鼻炎となり、医師の診断を受けたところアレルギー性鼻炎の可能性があると診断を受けたという。そこで処方してもらった「タリオン」という薬を飲んでみたものの、効きが甘いと感じ、市販の鼻炎用内服薬も同時に飲んだとのこと。

・喉がカラカラになり苦しくなって起きた
タリオンと市販の鼻炎用内服薬を寝る前に飲み就寝。しかしAさんは早朝に目を覚ますことになった。あまりにも喉がカラカラになり、苦しくなって起きたというのだ。その際の状況についてAさんは以下のように語る。

・Aさんのコメント
「水が飲みたくて喉が渇く状態とは違います。ほとんど唾液が出ず、口や喉の粘膜がカラカラに乾いていたのです。口内の粘膜って水分がなくなると声が出なくなるんですね! ヒーヒー言いながら水を飲んで応急処置し、薬の効き目が穏やかになるのを待ちました。少なくとも6時間以上はカラカラでミイラになりそうな状態でした。このまま干からびて天国に逝くんじゃないかと思いましたよ。偶然、別の原因でそうなったかもしれませんが、私は薬の影響だと思っています。もしそうなら別の薬を適当に一緒に飲むって恐ろしい行為ですね」

・薬は飲み方によっては症状を良くも悪くもする
本当に「タリオン」と市販の鼻炎用内服薬の影響でそのような状態になったのかどうかは不明だ。しかし、そのふたつの薬を飲んだ直後に発生した症状なのは確かであり、何らかの関係があった可能性は否めない。薬は飲み方によっては症状を良くも悪くもする。自分の体を守るためにも、医師や説明書の指示に従って飲もう。

もっと詳しく読む: アレルギー性鼻炎の薬を2種類同時に飲んでみた結果 → とんでもない事態が発生(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/12/28/allergic-rhinitis-medicine-dangerous-behavior/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

実験・検証!の新着記事一覧