【衝撃】居酒屋は酒を大量に飲ませるため「エアコン温度を高めている」ことが判明 / 飲み放題は低温に設定


beer1

あまり知られていませんが、一部の居酒屋では客が大量に酒を飲むように、室内のエアコン設定温度を高めに設定していることがあります。温度が高まるとビールの注文が増え、居酒屋が儲かるという仕組みです。

・温度が低いとビールの注文数が減る
逆に飲み放題の客がいる場合、エアコンの設定温度を低くして、酒の注文数を減らすことがあります。温度が低いとビールの注文数が減るのです。

・飲み放題の客は個室や半個室で飲むことが多い
居酒屋は大きなフロアに複数のエアコンが設置されており、席の場所に応じてエアコンの設定温度を変化させています。特に飲み放題の客は個室や半個室で飲むことが多く、エアコンの設定温度をピンポイントで低くしやすいそうです。

beer

・客の注文数をコントロール
「いくら冬場でも熱すぎない!?」と思ったことはありませんか? 「夏なのにクーラーが効いてないぞ! 室内が熱すぎる!」と思ったことはありませんか? それは室温によって客の注文数をコントロールしている可能性があります。

・不快に思わないギリギリの寒さにする
驚きですが、「室温のプロ」と呼ばれているスタッフもいるそうで、真冬に暖房と冷房を混ぜて室温を変化させ、飲み放題客があまり飲まない室温にするそうです。なんでも「不快に思わないギリギリの寒さにする」らしいですよ。

もっと詳しく読む: 居酒屋は酒を大量に飲ませるため「エアコン温度を高めている」ことが判明 / 飲み放題は低温に設定(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/01/03/izakaya-shitsuon-beer-news/

※写真はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

雑学・まめ知識の新着記事一覧