【炎上】韓国政府のウソ画像すぐバレて炎上 / 2000を200に偽装したが画像加工し忘れる単純ミスか「幼児レベルのミス」


korea-lie-image

韓国海軍によるレーダー照射問題が政府間で泥沼化しており、冷静に対応する日本政府に対し、熱く激怒している韓国国防省という流れが構築されており、韓国側の苦しい言い訳が露見しているが、ここにてき新たな問題が浮上した。

・いまどきの小中学生でもやらないミス
韓国国防省が「日本の自衛隊が低空飛行をしていた証拠」として公開した画像には高度「200ft」(60メートル)と表示されている文字が写っており、自衛隊機が韓国艦に急接近していると説明している。しかしながら、この画像にはあまりにも稚拙な、いまどきの小中学生でもやらないミスが含まれていると話題になっている。一部の人からは「幼児レベルのミス」との声まででいいる。

・数字は右詰で表示されるもの
韓国国防省が公開したその画像には、確かに「200ft」と表示されているが、よく見ると「200 ft」となっており 0 と f の間にスペースがあるのがわかる。本来、数字は右詰で表示されるものであり、200ftの場合は「200 ft」とはならず「200ft」となるというのだ。

korea-lie-image1

・改ざんするのであればスペースを消す画像加工が必要
つまり韓国政府は「2000ft」(600メートル)と表示されているにもかかわらず 0 をひとつ消して「200 ft」にしたものと判断されている。これが本当にウソ画像ならば、スペースを消す画像加工をする必要があるが、どうやらスペースを消し忘れた(詰め忘れた)らしい。とはいえ、韓国海軍の機器が特殊な仕様であれば数字が左詰め表示かもしれないので、完全にウソ画像かどうかは機材に詳しい有識者の見解が必要だろう。

・事実を曲げてでも正当性を維持したい気持ち
もし本当に嘘画像ならば、あまりにも稚拙なウソ画像を国家が作り、それを証拠として世界に発信する行為は怒る気もなくすほどあきれる行為だが、事実を曲げてでも正当性を維持したい気持ちは今後も変わらないのではないだろうか。日本国民からはそんな声も出ている。

どちらにせよ、全長38mの哨戒機が見切れてる部分だけでもゆうに2台は入るのだから 200ft=約60m というのは何かしらの加工や捏造がされたとの考えが出るのは不思議ではない。


もっと詳しく読む: 韓国政府の画像偽装すぐバレて炎上 / 2000を200に偽装したが画像加工し忘れる単純ミス「幼児レベルのミス」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/01/24/korea-lie-image-self-defense-force/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧