【衝撃】ジャニーズ嵐・二宮が2017年に「活動休止に繋がる発言」をしてたと判明 / 番組で激白「一人がやりたくない事はやらない」


arashi-katsudou-chushi

突如として活動休止を発表したジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「嵐」に対し、日本中から悲しみと驚きの声が上がっているが、あまりにも衝撃的な情報が入ってきた。なんと、二宮和也(35歳)が2017年に番組に出演し、「嵐の活動休止をほのめかしていた」ことが判明したのである。

・嵐の活動を2020年12月31日を最後に休止する
嵐が活動休止をする理由として、嵐のリーダーである大野智(38歳)は「自分の嵐としての活動を終えたい」「何事にも縛られず自由な生活をしたい」とコメント。何度も嵐のメンバーと話し合いをし、全員が同調して大野智の気持ちを受け入れ、嵐の活動を2020年12月31日を最後に休止すると決めたという。

・二宮和也が「活動休止に繋がる発言」をしていた
大野智がメンバーに嵐の活動を休止したいと話し出した時期は、2017年6月中旬ごろと明言している。それ以降、大野智はメンバーと活動休止に関して話し合いを続けてきたことになるが、なんと、2017年秋に放送された番組で、二宮和也が「活動休止に繋がる発言」をしていたのである。

arashi-katsudou-chushi4

・ゲスト出演した二宮和也が激白
その番組とは2017年秋に放送された人気番組「トップを極めた7人のオンナ」。この番組にゲスト出演した二宮和也は、嵐というアイドルグループの内情について激白し、以下のようなコメントを残したのである。

・二宮和也の番組内コメント
「大事にしている事? グループ内の決め事は守るということだよね。ウチは民主主義なの。「AとBがあります」というときに、Aのひと2人、Bのひと3人となったとき、Aを選んだ2人はBに乗っかるわけ。もうひとつ一方であるのは、一人がやりたくないと言ったことは絶対にやらない。そこは民主主義が崩れるんだけど、その人がやりたくないと言ったことや、やりたくないという事は、いまだにやってない」

・二宮和也の発言に多くのファンが驚きを隠せず
二宮和也がその話をしたときは、すでに嵐のリーダーである大野智から活動休止の相談を受けていたわけで、まさに「大野智が嵐の継続を嫌がったためメンバーが活動休止を受け入れた」というのが理解できる激白となる。この番組での二宮和也の発言に多くのファンが驚きを隠せずにおり、大きな注目を集めている。

ちなみに、嵐の最後の仕事は「NHK 紅白歌合戦2020になる」といわれており、ほぼ確定的だというが、真相は今後判明していくだろう。

もっと詳しく読む: 【衝撃】ジャニーズ嵐・二宮が2017年に「活動休止に繋がる発言」をしてたと判明 / 番組で激白「一人がやりたくない事はやらない」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/01/27/johnnys-arashi-nino-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧