【悲報】死亡した日本人ユーチューバー「アバンティーズ」のエイジ / 亡くなった際の詳細が判明


avantis-eiji1

人気ユーチューバーユニット「アバンティーズ」のメンバーとして愛されてきたエイジ(22歳)が、海外渡航中に海難事故に遭い、帰らぬ人となった痛ましい出来事で、亡くなった際の詳細な状況が判明した。

・ユーチューバーとしての素質
ユーチューバーとして中学生時代から活躍してきた、まさに青少年たちのカリスマ的存在のエイジは、本名をアキヤマエイキという。彼は愛嬌のある表情と人懐っこさ、そしてユーチューバーとしての素質で絶大なる支持を得てきた。

・正月をサイパンで過ごしていた
そんなエイジは2018年12月末にサイパンへと渡航し、年末年始を海外で過ごすことにした。アバンティーズが所属するUUUM株式会社によると、あくまでプライベート旅行であり、YouTube動画の撮影を目的とした旅ではないとのこと。そんな楽しい海外旅行中に事故が起きた。

avantis-eiji-saipan6

・バードアイランドリーフ海岸で遊んでいた
2019年1月1日(火曜日)13:00ごろ、エイジは友達のユーチューバーである「すしらーめんりく」たちとサイパンのバードアイランドリーフ海岸で遊んでいた。この海岸はバードアイランドと呼ばれている岩石系の小さな離れ小島と浅瀬で繋がっており、海はエメラルドに輝いて美しい地域。しかし浅瀬から先に進むと急に深くなっており、行き過ぎると危険な場所でもある。

・エイジは波にのまれてしまった
波は穏やかでありながらも、ときおり高波が発生することでも知られているバードアイランドリーフ海岸だが、エイジたちが浅瀬で遊んでいたところ、不運にも高波が襲来。そのままエイジは波にのまれてしまった。仲間たちは海から地上にエイジを引き上げ、倒れているエイジに心肺蘇生法(CPR)を実行した。

avantis-eiji-saipan
avantis-eiji-saipan1

・救急隊がバードアイランドリーフ海岸に到着
サイパンの消防救急部「DFEMS」(Department of Fire and Emergency Medical Services)がエイジの海難事故を知らされたのは13:21ごろのこと。

サイパンの市街地にあるガラパン消防署などから救急隊が現地に向かい、13:35ごろにバードアイランドリーフ海岸に到着した。

avantis-eiji-saipan4
avantis-eiji-saipan2
avantis-eiji-saipan3

・担架でエイジを救急車まで運ぶ
バードアイランドリーフ海岸は車道からやや離れているため、救急隊は徒歩で向かい、そして担架でエイジを救急車まで運び、14:45にコモンウェルスヘルスセンターに到着し、緊急治療室へと入った。

・地上に引き上げられるまで5分が経過
コモンウェルスヘルスセンターでヴィラロン医師がエイジの診断にあたったが、14:55にエイジの死亡が確認された。

エイジが水中から地上に引き上げられるまで5分が経過しており、さらにコモンウェルスヘルスセンターへの到着に事故発生から1時間以上が経過していた事から、複数の不幸が重なった可能性が高い。

<事故の経緯>
13:00 バードアイランドリーフ海岸でエイジが海難事故に遭う
13:21 消防救急部「DFEMS」に救助要請
13:35 バードアイランドリーフ海岸に「DFEMS」が到着しCPRを実行
14:45 コモンウェルスヘルスセンターに到着し緊急治療室に入る
14:55 エイジの死亡が確認される

avantis-eiji-saipan5

・中心部からかなり離れた場所で海難事故
バードアイランドリーフ海岸と中心部であるガラパンの街は島のほぼ正反対に位置し、かなり離れた場所で海難事故に遭い、救助まで時間を要したのも悲しい事実としてある。あくまで発表されている情報は以上だが、現地でその場にいた人たちは、より正確な状況を把握しているはずだ。

今後、UUUM株式会社はエイジのお別れ会を計画しているという。天国のエイジは、きっと空の上でも人々を楽しませようと楽しいパフォーマンスをしているに違いない。

【続報】
死去したユーチューバー「アバンティーズ」エイジ / 死亡後初の動画をYouTubeで緊急公開「死の真相を激白」

もっと詳しく読む: 死亡した日本人ユーチューバー「アバンティーズ」のエイジ / 亡くなった際の詳細が判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/01/27/avantis-eiji-saipan-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧