【話題】東スポが女子大生殺人事件犯人を「キモオタ」「キモいオタク」と報じる / 広瀬晃一容疑者(35歳)


joshidaise-hirose-koichi1

2018年11月に行方不明となり、2019年1月31日に遺体となって発見された東京都葛飾区在住の女子大生、菊池捺未さん(18歳)。あまりにも痛ましいこの事件は、35歳無職男性の広瀬晃一容疑者が逮捕される結末となった。

・茨城県神栖市へと向かった菊池捺未さん
菊池捺未さんはインターネット掲示板で知り合った広瀬晃一容疑者に会うため、東京都内の大学で授業を終えたのち、茨城県神栖市へと向かった。そこで広瀬晃一容疑者の自宅へと向かい、車中で殺害され土に埋められたという。ちなみに、広瀬晃一容疑者は土浦連続殺傷事件の犯人と同級生だと判明している。

・大々的に「キモオタ正体」と記載
そんな卑劣な行為をした広瀬晃一容疑者だが、スポーツ新聞の「東京スポーツ」(東スポ)がその容姿や行動をふまえて「キモオタ」「キモいオタク」と表現。記事のタイトルには大々的に「キモオタ正体」と記載し、大きな注目を集めている。

hirose-koichi

・複数のポイントを複合してキモオタと判断
広瀬晃一容疑者はイケメンタイプではなく、現代でも落武者スタイルを貫いている希少なタイプと言える。キモいかどうかは人によって感覚が異なるとは思うが、東スポ的には「ポケモンGOマニア」「深夜の公演でポケモンGO」「落武者のような髪型」など、複数のポイントを複合してキモオタと判断したようだ。そもそも「ポケモンGO」マニアがキモいというのは偏見だが……。

・卑劣な落武者の犯行
とはいえ、広瀬晃一容疑者がキモかろうが、落武者であろうが、亡くなった菊池捺未さんは帰ってこない。なぜ普通の女子大生が落武者に殺されなくてはならなかったのか。非常に怒りに震える事件である。

また、広瀬晃一容疑者は人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第四部」のキャラクターである広瀬康一と読みが同じなため、多くの人たちが「ジョジョを思い出してしまった」とインターネット上にコメントしている。

もっと詳しく読む: 東スポが女子大生殺人事件犯人を「キモオタ」「キモいオタク」と報じる / 広瀬晃一容疑者(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/02/01/hirose-koichi-kimoota-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧