【炎上】女子大生殺人事件の新情報に衝撃走る / 女子大生がパパ活で広瀬晃一容疑者に「会う対価」数十万円要求か


image

あまりにも衝撃的な情報が入ってきた。日本薬科大の女子大生である菊池捺未さん(18歳)が、茨城県神栖市在住の広瀬晃一容疑者(35歳)の家に出向き、その後、窒息させられるなどして殺害され、土に埋められた女子大生殺人事件で、あまりにも驚きの情報が浮上し、物議を醸している。

・会う対価として広瀬晃一容疑者に数十万円を要求か
どうして菊池捺未さんは家から3時間以上もかかる茨城県まで出向いて、面識がない広瀬晃一容疑者と会っていたのか、その点が疑問に思われていたが、実は「菊池捺未さんは会う対価として広瀬晃一容疑者に数十万円を要求していた」可能性が浮上したのだ。

・遊ぶために会っていたと推測されていたが
これは人気サイト「デイリー新潮」が報じ、他のメディアが追随して拡散している情報で、インターネット上は「お金目当てだったのか」「パパ活か」などと炎上状態となっている。今まではインターネット掲示板で知り合い、遊ぶために会っていたと推測されていたため、今回の情報で「ただ遊ぶために会った説」が消えつつある。

hirose-koichi


joshidaise-hirose-koichi8

・「お金を払うから会いたい」
確かにふたりはインターネット掲示板で出会い、最終的に遭うことになり、殺人事件へと展開した。もちろん今回の金銭要求報道が正しければだが、会うきっかけが「お金を払うから会いたい」「お金をくれるなら会いたい」というものだったとすれば、ミステリーだった「どうして二人は会うことにしたのか」という動機の部分が納得いくものとなる。

・殺害されてしまったことは非常に悲しい事
菊池捺未さんは会う対価として30万円を求めた可能性があることを報じられており、広瀬晃一容疑者が支払いを拒んだため彼女が騒ぎだして「ネットに拡散する」と言い出したため、殺害したと推測されている。殺害されてしまったことは非常に悲しい事ではあるが、それはと別問題として「お金目的で面識がない男に会いに行った彼女」に対して厳しい声が上がりつつあるのは確かだ。

また、広瀬晃一容疑者は菊池捺未さんを殺害後にスマホで「殺人 懲役」と検索していた事が判明しているため、逮捕されることを覚悟していた可能性もあると言われている。

【続報】
【衝撃】茨城女子大生殺人事件の詳細判明か / 海外アプリで知り合う → パパ活で数十万円要求 → 支払い拒否 → 殺害

もっと詳しく読む: 女子大生殺人事件の新情報に衝撃走る / 女子大生がパパ活で広瀬晃一容疑者に「会う対価」数十万円要求か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/02/05/hirose-koichi-papakatsu-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧