【衝撃】女子大生が広瀬晃一容疑者にパパ活疑惑 / 支払い拒否で女子大生ブチギレ激怒 → ネット拡散恐れて殺害か


joshidaise-hirose-koichi10

日本薬科大学の女子大生だった菊池捺未さん(18歳)が、茨城県神栖市在住の広瀬晃一容疑者(35歳)の自宅に出向き、その直後に殺害されて畑に埋められた痛ましい事件で、あまりにも衝撃的すぎる新たな情報が浮上。インターネット上で拡散し、炎上状態となっている。

・どうして2回も広瀬晃一容疑者の家に行ったのか
インターネット掲示板で知り合ったとされる菊池捺未さんと広瀬晃一容疑者だが、「どうして数時間かけて広瀬晃一容疑者の茨城県まで向かったのか」「どうして2回も広瀬晃一容疑者の家に行ったのか」「どうして畑に放置されたのか」「どうして近隣の住民に声をかけたのか」など、複数の疑問が残っていた。

・疑問がすべて納得がいくものになる
しかしながら、今回「デイリー新潮」や複数の人たちがインターネット上で拡散している「実は菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者に会う対価として数十万円要求していた」という情報が浮上したことにより、その疑問がすべて納得がいくものになるという。

image


joshidaise-hirose-koichi8

・未払いトラブルが生じた可能性浮上
ではどうして、菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者に殺害されてしまったのか。菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者と会う対価として数十万円を求めていたが、広瀬晃一容疑者は「少ししか払わなかった」「そもそも全額払わなかった」などのトラブルが生じたとも報じられている。

・ネット拡散を恐れて殺害に至った
広瀬晃一容疑者が対価を支払わなかったため、菊池捺未さんがブチギレ激怒。しっかり払わないとインターネット上に広瀬晃一容疑者の顔写真を拡散させると言い出し、それに焦った広瀬晃一容疑者がスマホを取り上げるなどしているうち、殺害に至ったのではないかともいわれている。

しかしあくまで捜査関係者の声を報じている状況であり、公式情報でないことから、今後、公式情報が報じられて真相が明らかになって行くはずだ。また、今回の「会うための対価を求めた」という情報が浮上し、いわゆるパパ活的な行為をしていた事が情報として拡散され、その点においても物議を醸しそうだ。

もっと詳しく読む: 女子大生が広瀬晃一容疑者にパパ活疑惑 / 支払い拒否で女子大生ブチギレ激怒 → ネット拡散恐れて殺害か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/02/05/papakatsu-hirose-koichi-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧