【衝撃】茨城女子大生殺人事件は「ATMでパパ活料金引き出し」直後に殺害の可能性 / 数十万円支払わず激怒か


hirose-koichi

日本薬科大の女子大生として生活していた菊池捺未さん(18歳)が、茨城県神栖市在住の広瀬晃一容疑者(35歳)に殺害されたのは2018年11月20日のこと。菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者の自宅まで行き、なぜ殺害されてしまったのか、多くの謎が生まれていたが、新たな情報が物議を醸している。

・お金を支払う代わりに会う
菊池捺未さんと広瀬晃一容疑者は海外の通信アプリで知り合った。広瀬晃一容疑者は菊池捺未さんに対して「お金を支払う代わりに会う」というパパ活的な約束をし、それを信じて菊池捺未さんは広瀬晃一容疑者の家がある茨城県に向かったともいわれている。

・「一緒に過ごす対価」数十万円の支払いを求めたのか
その後、広瀬晃一容疑者は自宅付近のコンビニ駐車場で菊池捺未さんに対して目隠しをし、自宅住所がわからないようにしたうえで、クルマに乗せて自宅へと向かった。広瀬晃一容疑者は自宅内で菊池捺未さんと「濃密な時間」を過ごし、菊池捺未さんは「一緒に過ごす対価」として数十万円の支払いを求めたといわれている。

image


joshidaise-hirose-koichi10

・コンビニATMへと向かった
しかし広瀬晃一容疑者は支払いを拒み、菊池捺未さんを自宅から連れ出して畑に放置。憤慨した菊池捺未さんは自力で広瀬晃一容疑者の自宅に戻って抗議。その後、広瀬晃一容疑者は「ちゃんと支払う」と言って菊池捺未さんをなだめたのか、改めて二人でクルマに乗って外出し、コンビニATMへと向かったという。

・ATMでもトラブル発生か
広瀬晃一容疑者はコンビニATMに行ったものの、約束の金額に満たない現金しか渡さなかったか、あるいは1円も渡さなかったなどのトラブルが発生。菊池捺未さんがブチギレ激怒し、広瀬晃一容疑者の顔写真を撮影。それをインターネット上で拡散すると騒いだため、クルマのなかで首を絞めるなどして窒息死させ、土に埋めたとも報じられている。

この情報をマスコミが報じてからインターネット上で猛烈な勢いで拡散しており、多くの人たちがその情報に驚きを隠せずにいる。

【続報】
【極悪非道】茨城女子大生殺人事件の被害者女性が全裸だったことが判明 / 広瀬晃一容疑者が脱がす

もっと詳しく読む: 茨城女子大生殺人事件はATMでパパ活料金引き出し直後に殺害か / 数十万円支払わず激怒(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/02/07/hirose-koichi-atm-papakatsu-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧