【炎上】アメリカ横断の日本人中学生がネットで激怒され炎上 / ヒッチハイク中止で帰国決定「おれの意思で日本へ帰る」


img1

2019年2月から3月末日までの予定で、アメリカを横断するヒッチハイク旅をスタートさせた日本人中学生男子。アメリカ大陸は広大なだけでなく、地域によってヒッチハイクは禁じられており、さらに極めて治安が悪い地域も多々ある。そのため、多くの人たちが中学生に対して注意し「即刻ヒッチハイク旅を止めろ」と激怒した。

・中学生が旅の断念すると自身の公式Twitterで発言
「National Center for Missing and Exploited Children」(NCMEC)のデータによると、アメリカでは毎年80万人の児童が行方不明になっているともいわれており、この中学生の行為がどれだけ危険なことか、そのデータが物語っている。そんななか、この中学生は警察と青少年保護センターに連行。その後、旅の断念すると自身の公式Twitterで発言。以下のようにコメントしている。

・ヒッチハイク旅の中学生のコメント

「アメリカ横断🇺🇸は中断することにしました。日本へ帰ります」

「おれの意思で日本へ帰る。ということを伝えておきたい。誰かに唆されて来たんじゃないし、大勢の人に批判(特に心配)されたから帰るんじゃない。保護された理由が、「18歳未満が一人で行動するのは犯罪(親が)」だから。 父が迎えに来てくれたので、何事もなく終わったがこれ以上迷惑をかけたくない」

「このツイートでは、誤解を招く恐れがあるので補足。赤の他人にここまで心配してくださった方がたくさんいてくれたことにはとても感謝しています。 ですが、大人たちのせいで若者の夢や挑戦が潰れた。という意見があったのでそこは否定しておきたかったのです」

・自分の意思で帰国することにしたと話す
この中学生によると、アメリカ横断ヒッチハイクの旅を中断するのは、インターネット上で大人たちが注意したり怒ったりしてきたからではなく、自分の意思で帰国することにしたという。

・帰国後も大きな注目を集めそう
幼稚園児だろうが中学生だろうが、子供たちが未知なる事にチャレンジしたいというのであれば、それをバックアップするのが大人の役目かもしれないが、今回ばかりは命の危険があっただけに、大多数の人たちが反対意見を出したようだ。この中学生、帰国後も大きな注目を集めそうである。

もっと詳しく読む: アメリカ横断の日本人中学生がネットで激怒され炎上 / 旅行中止で帰国「おれの意思で日本へ帰る」と発言(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/02/18/japan-student-hitchhik-usa-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧