【話題】人気男優しみけん氏が苦悩 / 妻はあちゅう氏の書籍が悪評だらけ「レビューで僕達に笑顔を下さい!」


image-photo

頑張る人たちのカリスマ的存在であり、ハイパーメディアガールと言っても過言ではない人物、はあちゅう氏(伊藤春香 / 33歳)。彼女が2019年2月22日に発売した「旦那観察日記」(スクウェア・エニックス)はインターネット上で大きな話題となり、はあちゅう氏の人気ぶりがわかる盛り上がりとなった。

・ふたりそろって類まれなる才能の持ち主
そんなはあちゅう氏の夫といえば、男優として国内外に多くのファンがいる、神的日本人男性のしみけん氏(39歳)だ。多才な人物としても知られており、文章の執筆だけでなく「人糞味のカレー屋」など、ユニークな飲食店を経営。ふたりそろって類まれなる才能の持ち主といえるだろう。

・読者レビューが厳しい内容多し
しかし、はあちゅう氏の夫であるしみけん氏には、ひとつの悩みがあった。はあちゅう氏が執筆した「旦那観察日記」はインターネットショッピングサイト「Amazon」でも販売されているのだが、読者レビューが厳しい内容のものが多く、夫であるしみけん氏が悩んでいるのである。

・しみけん氏のTwitterコメント
「僕から皆様へ、お願いです。本日、旦那観察日記が発売となりました! しかし! 悲しい事に、この世で一番醜い「アンチのレビュー」が書かれています。応援してくださる方のレビューで僕達に笑顔を下さい! 是非とも、よろしくお願いいたします」

・Amazonに書かれた厳しい声
「お前の日記帳にでも書いてろ」
「私はカッコいい、私はかわいそう」
「小学生並の文章能力でくだらない日常がタラタラと綴ってあり、センスのかけらも感じられません」
「これでお金とるの?! という感じ。ただ単に惚気た一般人の日常が書かれているだけ」
「のろけとしても読み手に幸せな気持ちをもたらさない不思議な本です」
「買って損した。すぐにブックオフ行きです」
「この結婚生活を知りたいという人間はいるのだろうか?」
「最終的に残るのは著者の自己主張。わたしは! わたしは! わたしは! 繊細でナイーブでネガティブなの! 批判されても頑張ってるの! 愛されてるの! すごいでしょ! って感じ」
「最初から最後までずっと吐き気がしました」
「本の内容も薄い。がっかりしました」

・アンチが多いのは人気の証拠
批判的なレビューが無数にあり、それを読むたびに心が痛くなるのは理解できるというもの。自身や家族が書いた本に文句をつけられているのだから、気分が良いものではないだろう。しかしながら、批判されるということは「それだけ多くの人が読んでくれた」「アンチが多いのは人気の証拠」という意味でもある。

・はあちゅう氏から目が離せない
よくレビューを読んでみると、「幸せな2人の日常がとてもほっこり幸せな気持ちにさせてくれます」や「時代が変わる音がした」「1時間程度で読み終えるくらいが忙しい主婦にとってはちょうど良い」など、応援の声や好意的な感想もある。

悪いレビューばかりではないということは、はあちゅう氏のファンが0人ではないということを意味する。ひとりでもファンがいる限り、味方が存在することは事実であり、これからも頑張ってほしいものだ。ファンもアンチも、みんな、はあちゅう氏から目が離せないのだから。

もっと詳しく読む: 人気男優しみけん氏が苦悩 / 妻はあちゅう氏の書籍が悪評だらけ「レビューで僕達に笑顔を下さい!」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/02/26/hachu-shimiken-super-love/

※画像はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧