【衝撃】南野陽子の隠したい8つの秘密 / 桂三枝のキス要求を断固拒否「夫の存在」「死亡アイドル2人との関係」


minamino-yoko

人気ドラマ「スケバン刑事」や「SPEC〜零〜」などに出演するなどし、その歌唱力で楽曲を発表するなど、多才な人物としても知られる美人女優の南野陽子(51歳)。彼女に夢中になり、写真誌や写真集を買ったという人もいるのではないだろうか。

・日本国民から愛される存在ナンノ
国民的女優として「ナンノ」の愛称で知られている南野陽子だが、今回はそんな南野陽子の隠しておきたい8つの秘密をお伝えしたいと思う。あなたが知っている秘密は登場するだろうか。

・南野陽子の隠しておきたい8つの秘密
1. 実は既婚者である
あまり公表されていないが、南野陽子は43歳のときに男性と結婚しており、晩婚タイプといえる。その類まれなる美貌は、43歳になっても衰えず、51歳の現在も健在だ。

2. 死亡した岡田有希子と親友だった
18歳という若すぎる年齢でこの世を去った絶世の美女アイドル、岡田有希子と親友だった南野陽子。岡田有希子の死を知った彼女は激しく悲しんだと言われているが、その悲しみは本人のみぞ知る。

3. 桂三枝からキスを要求され拒否
落語家として知られている桂三枝が南野陽子にキスを要求したものの、南野陽子は拒否。しかし場がしらけないようにと配慮し、口や頬にキスしなかったものの、手にキスをした。これは番組内のワンシーンだが、もしキスをしていたら、彼女のイメージはガラッと変わっていたかもしれない。

4. まったく人気がなかった
デビュー当時はまったく人気がなく、誰も南野陽子を仕事で起用しようとは思っていなかったが、南野陽子が個人的に「独自の営業方法」でガンガン営業しまくり、仕事をもらえるようになって行った。では、どのような営業方法だったのか? それは我々一般人は知る由もない。

5. まったく運動ができない
運動が激しく苦手なため、腕立て伏せすらしできない。よって、激しいアクションシーンがあるドラマ「スケバン刑事」では、かなり苦労して撮影に挑んだという。ちなみに、腕立て伏せをするシーンでは、ワイヤーで吊ってもらい、腕立て伏せをしているように演出していた。

6. かなりの特撮ドラマ好き
まったくイメージできないが、実は子供向けの特撮ドラマが大好きで、特に「超人バロム1」が好きすぎてマニアレベルの詳しさだと言われている。

7. 死亡した本田美奈子と親友だった
38歳でこの世をさった美人アイドルの本田美奈子と親友だった南野陽子。親友の岡田有希子も死亡しており、まだまだ若いうちに親友たちが命を落としていく悲しみは計り知れない。

8. 実は「笑っていいとも!」のレギュラーだった
あまり知られていないが南野陽子は「森田一義アワー 笑っていいとも!」の水曜日レギュラーとして登場しており、「スケバン刑事」時代から長年ファンを続けていた視聴者たちを魅了した。

・日本の芸能界を盛り上げてくれる貴重な存在
南野陽子は、多くの人たちに夢を与え続けている国民的女優だ。毒がなく、人柄も良く、芸能関係者にも一般人にも良いイメージしか存在しない彼女。そんな南野陽子は、これからも日本の芸能界を盛り上げてくれる貴重な存在として君臨し続けるだろう。

もっと詳しく読む: 南野陽子の隠したい8つの秘密 / 桂三枝のキス要求を断固拒否(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/02/27/minaminoyoko-nanno-himitsu-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧