【大炎上】性的な女子ハンドボール世界選手権大会の広告で謝罪「申し訳ございませんでした」


owabi

2019女子ハンドボール世界選手権大会が熊本県で開催されている。熊本国際スポーツ大会推進事務局が管理し、国際ハンドボール連盟が主催しているスポーツイベントだが、歴史的なイベントであるにもかかわらず、とんでもないトラブルが発生し、問題視されている。

・手クニシャンそろってます
2019女子ハンドボール世界選手権大会を告知するための印刷物(街灯バナー)に描かれた言葉が「性的な内容を含んでいる」と物議を醸しているのである。問題視されている街灯バナーは2種類で「ハードプレイがお好きなあなたに」「手クニシャンそろってます」と書かれており、それが性的だと問題視されているわけである。


「性的には感じない」「考えすぎじゃない?」という意見もあるものの、多くの人たちが性的な意味が含まれていると感じたようで、インターネット上では炎上状態となっている。


・意図して性的な文を掲載した可能性
また、今回の件に関して熊本国際スポーツ大会推進事務局が公式サイトで謝罪した。つまり謝罪したということは「性的な意図が含まれていた」ということになり、意図して性的な文を掲載したことに。公式サイトで、以下のように謝罪文を発表している。

・熊本国際スポーツ大会推進事務局の謝罪文
「この度、2019女子ハンドボール世界選手権大会の街灯バナーの一部に、配慮に欠ける表現があるとのご指摘がありました。3月2日(土)に、ご指摘がありました2種類の街灯バナーを撤去し、差替えを行いました。大変ご不快な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。今回いただいたご意見を真摯に受け止め、今後の活動に活かして参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます」

もっと詳しく読む: 性的な女子ハンドボール世界選手権大会の広告で謝罪「申し訳ございませんでした」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/03/02/girls-handball-problem-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧