【炎上】女子ハンドボール世界選手権大会が「性的行為」をイメージさせる広告 / 怒りの声が噴出


image1

熊本国際スポーツ大会推進事務局が管理し、国際ハンドボール連盟が主催している「女子ハンドボール世界選手権大会」が物議を醸している。この大会を告知するための広告が「性的な意味が込められている」と言われているのである。

・非常に重要なイベント
女子ハンドボール世界選手権大会は、2019年11月30日~12月15日の期間内に熊本県の「パークドーム熊本」や「アクアドームくまもと」など、県内各地で開催されているもの。熊本県にとって、そして女子ハンドボール業界にとって、非常に重要なイベントであり、歴史的なイベントでもある。

・開催を告知するべく作られた街灯バナーが問題視
そんな女子ハンドボール世界選手権大会の開催を告知するべく作られた印刷物(街灯バナー)が「あまりにも性的なイメージをほうふつとさせる」と物議を醸しているのである。その印刷物に書かれている文の一部は以下のとおり。

・問題視されている印刷物の一部
「ハードプレイがお好きなあなたに 2019女子ハンドボール世界選手権大会」
「手クニシャンそろってます 2019女子ハンドボール世界選手権大会」

・真摯に受け止める必要がある
この街灯バナーを見る人によって感想は違うだろうが、性的な意味が含まれていると感じている人たちがいるのは事実であり、それは真摯に受け止める必要があると思われる。

・疑惑がもたれるような印刷物はNG
みなさんは、この街灯バナーをどのように感じただろうか。考えすぎか、気にしすぎか、無害か、有害か。そもそも、疑惑がもたれるような街灯バナーはNGだという声も出ている。

もっと詳しく読む: 女子ハンドボール世界選手権大会が「性的行為」をイメージさせる広告 / 怒りの声が噴出(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/03/02/printed-girls-handball-problem/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧