【話題】2019年のエイプリルフールは「新元号ネタばかりになる」との有力情報 / 食傷ぎみで飽きられると予想


regnal-year-nengo-gengo1

2019年は平成最後の年となり、新元号(新年号)の元年がスタートする。新元号は2019年4月1日に発表され、5月1日から新元号がスタートとなる予定だが、4月1日といえばエイプリルフールだ。

・今年はちょっとネタがマンネリ化
毎年のごとく、各社のインターネットサイトがエイプリルフールネタで溢れ、多くの人たちに受け入れられるネタのサイトもあれば、滑ってて恥ずかしくなるサイトもある。とにかくネタで笑って過ごそうというポジティブなイベントなのは間違いないが、今年はちょっとネタがマンネリ化しそうだ。

・新元号をネタにしたものばかり
とあるアナリストの話によると、2019年4月1日のエイプリルフールは、新元号をネタにしたものばかりとなり、どのサイトも似たような内容で飽きられる可能性が高いのだという。

・どうしても新元号のネタになってしまいがち
確かに、4月1日は新元号の発表日だし、エイプリルフールでもある。各社のエイプリルフール担当者が「今年のネタはどうしよう?」と考えたとき、とっさに(安易に)浮かぶのが新元号の発表。どうしても新元号のネタになってしまいがちなのだとか。

・新元号ではないネタでエイプリルフールに挑んでみては
もし間に合うなら、今からでも遅くない。新元号ネタは安易すぎるし競合だらけになるので、新元号ではない別のネタでエイプリルフールに挑んでみてはいかがだろうか。ちなみにアナリストによると「4月1日に日付が変わった瞬間にエイプリルフールネタをやる企業は新元号発表までどのようにしのぐのか見ものです」とのこと。その点も注目かもしれない。

もっと詳しく読む: 2019年のエイプリルフールは「新元号ネタばかりになる」との有力情報 / 食傷ぎみで飽きられると予想(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/03/04/regnal-year-nengo-gengo-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧