【東日本大震災】2011年3月11日夜の新宿駅のようす / 帰宅できず駅で寝る


aftermath-tohoku-earthquake-station10

2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震がもたらした東日本大震災という大災害。多くの人たちが傷つき、そして命を失っていった未曽有の天災でもある。


本震が発生した2011年3月11日の深夜、新宿駅には家に帰宅できなくなった人たちが足止めされ、駅構内で寝るという辛い状況に。帰宅困難者の一部は徒歩で自宅を目指したものの、それをできない人たちは駅などで一夜を明かしたのだ。

・野宿のような状態で過ごすしかない
鉄道が止まり、バスが止まり、あらゆる交通手段が途絶えてしまった人たちは、野宿のような状態で過ごすしか選択肢がなかった。ホテルは瞬時に満室となり、とある自転車店では高額な自転車ですら完売となった。

aftermath-tohoku-earthquake-station9
aftermath-tohoku-earthquake-station5
aftermath-tohoku-earthquake-station4

aftermath-tohoku-earthquake-station2
aftermath-tohoku-earthquake-station1
aftermath-tohoku-earthquake-station8
aftermath-tohoku-earthquake-station7
aftermath-tohoku-earthquake-station6
aftermath-tohoku-earthquake-station10
aftermath-tohoku-earthquake-station
aftermath-tohoku-earthquake-station3

・多くの人たちに苦痛を与えた
多くの帰宅困難者が駅構内で寝ているため治安は問題なかったようだが、なによりも寒さや居心地の悪さは、多くの人たちに苦痛を与えたようだ。

・なんらかの対応を考えておきたい
駅で寝る人たちは初日の夜以降減っていったが、このような事態になっても野宿せずに済むよう、なんらかの対応を考えておきたいものだ。また大地震が起きるかもしれないのだから。

もっと詳しく読む: 2011年3月11日夜の新宿駅のようす / 帰宅できず駅で寝る(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/03/10/aftermath-tohoku-earthquake-station/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧