【炎上】新年号の令和に泥を塗った赤松副議長に日本国民がブチギレ激怒 / 謝罪と撤回を求めて祝福に水を差す

新年号 令和 / REIWA


akamatsu-reiwa

2019年4月1日(月曜日)に新元号である令和が発表され、日本中が新たな年号に対して祝福の声を上げているが、実は新年号決定の裏側で、この祝福すべき日に水を差すようなトラブルが発生していたようだ。

・文書を撤回して謝罪してほしい!
新年号を決定する手順として、2019年4月1日(月曜日)の10:20から、衆参両院の正副議長に対する意見聴取の場が設けられていたのだが、トラブルはそこで発生したという。

事前に配布されていた「携帯電話は預からせてもらう」「発表まで留まってもらう」という文書に激怒した赤松広隆衆院副議長が、菅義偉官房長官に「文書を撤回して謝罪してほしい!」とブチギレ激怒したというのである。違反することを前提とした取り決めと感じ、不快に思ったという。

・新元号の発表スケジュール
9:30 官邸で有識者懇談会をし意見聴取
10:20 議長公邸で菅官房長官が衆参正副議長から意見を聞く
~11:30 全閣僚会議で閣僚から意見を聞く
~11:30 閣議で新元号を決定
11:30 菅官房長官が新元号を発表
12:00以降 安倍総理が談話発表


この騒動は毎日新聞だけでなく、民放もニュース番組で報じており、ひと悶着あったこと自体は事実のようだ。

・令和に泥を塗ったとの声
新たな元号を決めるに際して、決して事前に新年号の名称が流出してはならない。それを徹底するために設けられたルールに対して、赤松副議長がブチギレ激怒したことに対し、多くの日本国民がブチギレ激怒。めでたい新年号発表の祝福すべき日、令和に泥を塗ったとの声も出ている。

・未来永劫「令和誕生の汚点」として語り継がれていく
ルールは誰かを疑うものではなく、間違いがないように全員が守ることに意味がある。疑うだとか、犯人扱いだとか、そういう次元の話ではない。今回の赤松副議長の心が狭い横柄な態度は、未来永劫「令和誕生の汚点」として語り継がれていくことは間違いない。

もっと詳しく読む: 新年号の令和に泥を塗った赤松副議長に日本国民がブチギレ激怒 / 謝罪と撤回を求めて祝福に水を差す(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/01/reiwa-hirotaka-akamatsu-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧