【話題】新元号が令和に決定 / 大化から令和まで全元号一覧を公開「248番目の新年号」

新年号 令和 / REIWA


shingengou-nihon

令和が新年号として決定し、日本中が沸き立っているが、今までにない感じが使用されているだけでなく、日本由来の万葉集から採用されている事から、概ね、日本人の間では好評を得ているようだ。

・今回の令和で248番目の元号
そんな元号の歴史は西暦645年からはじまっているとされており、今回の令和で248番目の元号ということになる。そこで今回、日本の元号をすべて一覧として公開したい。

・大化から令和まで全元号一覧
【飛鳥時代】
大化 645年
白雉 650年
朱鳥 686年
大宝 701年
慶雲 704年

【奈良時代】
和銅 708年
霊亀 715年
養老 717年
神亀 724年
天平 729年
天平感宝 749年
天平勝宝 749年
天平宝字 757年
天平神護 765年
神護景雲 767年
宝亀 770年
天応 781年

【平安時代】
延暦 782年
大同 806年
弘仁 810年
天長 824年
承和 834年
嘉祥 848年
仁寿 851年
斉衡 854年
天安 857年
貞観 859年
元慶 877年
仁和 885年
寛平 889年
昌泰 898年
延喜 901年
延長 923年
承平 931年
天慶 938年
天暦 947年
天徳 957年
応和 961年
康保 964年
安和 968年
天禄 970年
天延 973年
貞元 976年
天元 978年
永観 983年
寛和 984年
永延 987年
永祚 989年
正暦 990年
長徳 995年
長保 999年
寛弘 1004年
長和 1012年
寛仁 1017年
治安 1021年
万寿 1024年
長元 1028年
長暦 1037年
長久 1040年
寛徳 1044年
永承 1046年
天喜 1053年
康平 1058年
治暦 1065年
延久 1069年
承保 1074年
承暦 1077年
永保 1081年
応徳 1084年
寛治 1087年
嘉保 1094年
永長 1096年
承徳 1097年
康和 1099年
長治 1104年
嘉承 1106年
天仁 1108年
天永 1110年
永久 1113年
元永 1118年
保安 1120年
天治 1124年
大治 1126年
天承 1131年
長承 1132年
保延 1135年
永治 1141年
康治 1142年
天養 1144年
久安 1145年
仁平 1151年
久寿 1154年
保元 1156年
平治 1159年
永暦 1160年
応保 1161年
長寛 1163年
永万 1165年
仁安 1166年
嘉応 1169年
承安 1171年
安元 1175年
治承 1177年
養和 1181年
寿永 1182年
元暦 1184年
文治 1185年

【鎌倉時代】
建久 1190年
正治 1199年
建仁 1201年
元久 1204年
建永 1206年
承元 1207年
建暦 1211年
健保 1213年
承久 1219年
貞応 1222年
元仁 1224年
嘉禄 1225年
安貞 1227年
寛喜 1229年
貞永 1232年
天福 1233年
文暦 1234年
嘉禎 1235年
暦仁 1238年
延応 1239年
仁治 1240年
寛元 1243年
宝治 1247年
建長 1249年
康元 1256年
正嘉 1257年
正元 1259年
文応 1260年
弘長 1261年
文永 1264年
建治 1275年
弘安 1278年
正応 1288年
永仁 1293年
正安 1299年
乾元 1302年
嘉元 1303年
徳治 1306年
延慶 1308年
応長 1311年
正和 1312年
文保 1317年
元応 1319年
元享 1321年
正中 1324年
嘉暦 1326年
元徳 1329年

【南北朝時代(室町時代)】
元弘(南) 1331年
建武(南) 1334年
延元(南) 1336年
興国(南) 1340年
正平(南) 1346年
建徳(南) 1370年
文中(南) 1372年
天授(南) 1375年
弘和(南) 1381年
元中(南) 1384年
正慶(北) 1332年
暦応(北) 1338年
康永(北) 1342年
貞和(北) 1345年
観応(北) 1350年
文和(北) 1352年
延文(北) 1356年
康安(北) 1361年
貞治(北) 1362年
応安(北) 1368年
永和(北) 1375年
康暦(北) 1379年
永徳(北) 1381年
至徳(北) 1384年
嘉慶(北) 1387年
康応(北) 1389年

【戦国時代(室町時代)】
明徳 1390年
応永 1394年
正長 1428年
永享 1429年
嘉吉 1441年
文安 1444年
宝徳 1449年
享徳 1452年
康正 1455年
長禄 1457年
寛正 1461年
文正 1466年
応仁 1467年
文明 1469年
長享 1487年
延徳 1489年
明応 1492年
文亀 1501年
永正 1504年
大永 1521年
享禄 1528年
天文 1532年
弘治 1555年
永禄 1558年
元亀 1570年

【安土桃山時代】
天正 1573年
文禄 1593年

【江戸時代】
慶長 1596年
元和 1615年
寛永 1624年
正保 1645年
慶安 1648年
承応 1652年
明暦 1655年
万治 1658年
寛文 1661年
延宝 1673年
天和 1681年
貞享 1684年
元禄 1688年
宝永 1704年
正徳 1711年
享保 1716年
元文 1736年
寛保 1741年
延享 1744年
寛延 1748年
宝暦 1751年
明和 1764年
安永 1772年
天明 1781年
寛政 1789年
享和 1801年
文化 1804年
文政 1818年
天保 1831年
弘化 1845年
嘉永 1848年
安政 1855年
万延 1860年
文久 1861年
元治 1864年
慶応 1865年

【現代】
明治 1868年
大正 1912年
昭和 1926年
平成 1989年
令和 2019年

reiwa1

・極めて稀な新たな時代の幕開け
かつて1~2年で終わってしまう元号もあったようだが、近代社会になってからは数字優年続くのが流れとなっている。また、今回は近代としては初の天皇陛下の生前退位から新元号が生まれるわけで、そういう意味では極めて稀な、新たな時代の幕開けともいえるだろう。

・万葉集「梅花謌卅二首并序」から着想を得た元号
今回、新たに決められた年号である令和は、日本最古の和歌集としても知られている歴史的な万葉集「梅花謌卅二首并序」から着想を得た元号で、「初春の令月にして気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という歌から生まれた情緒あるものである。

もっと詳しく読む: 大化から令和まで全元号一覧を公開 / 新年号が令和に決定「248番目の新元号」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/01/reiwa-taika-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧