【緊急事態】新元号が令和に決定 / 企業が急ピッチで「令和」導入コンピュータに変更へ

新元号 令和


shin-gengou

令和が新元号として決定とした。2019年4月1日11:30ごろ菅官房長官が新年号を発表し、多くの人たちが衝撃的な新年号「令和」を知ることになった。

・コンピュータを業務に使用している企業
しかしながら、新年号に感動し、喜んでいる人たちだけではなさそうだ。コンピュータを業務に使用している一部の企業は、新たな新元号である令和をソフトウェアに組み込まなくてはならず、新たな元号を追加でいない仕様のソフトウェアの場合、改良をしたり新たなソフトウェアに変えなくてはならないからだ。

・新年号に対応したソフトウェア
すでに新元号が導入されることを見越して開発を進めているソフトウェアは多数あるし、新年号に対応したソフトウェアをすでに使用している企業もあるが、そうではない企業も無数にあるようだ。

reiwa

・新たなソフトウェアの導入
今後、新元号である令和を導入したソフトウェアを使用したコンピュータが必要になるのは間違いなく、そのようなコンピュータの需要が増えるのは間違いないだろう。

この令和は日本最古の和歌集である万葉集「梅花謌卅二首并序」が出典で、「初春の令月にして気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という言葉の意味を持つ。

・新元号の導入で困惑する日々
世間では新たな年号の令和に対して、多くの人たちが賛否両論の声をあげている。しかし企業の一部は、年号のデキよりも新年号をどのように導入するかで困惑する日々が続くかもしれない。

もっと詳しく読む: 新元号が令和に決定 / 企業が悲鳴「ヤバイことになるかもしれない」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/01/shingengou-computer-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧