【炎上】コブラ寺沢武一先生が名指しで女性漫画家・桜真澄先生を批判 / かつては「愛してるわ」というほどの仲


image1-3

人気漫画「コブラ」で有名な寺沢武一先生(64歳)が、2019年4月4日(木曜日)発売の人気雑誌「週刊新潮」にて、複数の愛人スキャンダル疑惑が報じられる予定だ。関係者と思われる女性が内情を暴露したものだという。

・「スキャンダルな内容のLINE画像」を投稿
また、寺沢武一先生の公式Twitterが突如として「スキャンダルな内容のLINE画像」を投稿し、多くの人たちがショックを受けたものの、削除されるというトラブルも発生した。

寺沢武一先生の公式Twitterが大きな注目を集めたため、最近、女性漫画家を名指しで批判していた事が判明し、物議を醸している。寺沢武一先生の書き込みは以下のとおり。

・寺沢武一先生のコメント
「桜真澄がラインもツイッターも操作しています。僕も自分のラインを退出してました?おかしいよね。なので、今後はラインは使わず連絡しましょう。コブラ会ははっきりするまでの間休止です。誕生日会は有志だけでやります。30日19時です」

「それより誰か桜真澄の妨害やめさせて下さい、新作思うように進みません」

「その通り、警察呼んだ事もありますが、桜真澄は慣れているのか平気でした」


・事実ならば問題視
寺沢武一先生は桜真澄先生に業務を手伝ってもらっていたようで、そのなかで桜真澄先生が公式Twitterの管理を行っていたのだろうか。憶測にすぎないが、桜真澄先生がそのTwitter権限を使用して勝手に投稿したという事だろうか。

・桜真澄先生の心を支えてあげた寺沢武一先生
では、桜真澄先生はどこで寺沢武一先生と知り合うことになったのか。二人の公式Twitterを調べてみたところ、2017年9月に、いろいろと困っていた桜真澄先生に対して優しい声をかけている寺沢武一先生がいた。気分が高揚したのか「愛してるわ」という言葉も書き込まれており、おそらくこの時期から二人は知り合ったと推測される。

・二人の信頼関係が深まっている
寺沢武一先生と桜真澄先生は、その出会い以降、非常に仲の良いシーンがインターネット上に投稿されており、画像でも文字でも、二人の信頼関係が深まっているのが理解できる。

・どうして不仲になったのか
しかしながら、出会ってから約1年以上が経過し、寺沢武一先生は「桜真澄の妨害やめさせて下さい」「桜真澄がラインもツイッターも操作しています」と彼女を批判する仲になってしまった。

・他人が邪推して入り込むのは野暮か
非常に仲良しに思える二人に何があったのか、詳細について語られていないため、その真相は当人や関係者のみが知る。この件に関して桜真澄先生にコメントを求めたが現時点で返答はなかった。仕事、友人、介護、恋愛、どのような関係なのかは不明だが、そこに対して他人が邪推して入り込むのは野暮なのかもしれない。

・非常に可愛い絵柄の桜真澄先生
桜真澄先生は、非常にキュートでわかりやすい絵柄の漫画家だ。しかも実用的な漫画を複数描いており、「マンガでわかる女が得する相続術」や「まんがでわかる法律の裏ワザ」(全5巻)を執筆している。試しに手に取ってみてはいかがだろうか。

・桜真澄先生の回復を心から祈りたい
また、桜真澄先生は体調を崩しがちのようで、現在は休養をとっているようである。少しでも早く体調が改善し、そしてまた、多くの人たちを楽しませる漫画を描いてほしいものだ。桜真澄先生の回復を心から祈りたい。

【関連記事】
【炎上】コブラ作者・寺沢武一先生が週刊新潮の愛人スキャンダル記事に反論 / 公式Twitterで詳しく解説

もっと詳しく読む: コブラ寺沢武一先生が名指しで女性漫画家・桜真澄先生を批判 / かつては「愛してるわ」というほどの仲(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/03/cobra-buichi-terasawa-sakura-news/

※画像はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧