【衝撃】漫画家・黒鉄ヒロシ先生の令和をイメージした絵が話題 / 新年号をイメージ


reiwa

漫画家として絶大な支持を得ている、カリスマ的人物の黒鉄ヒロシ先生()が、テレビ番組で公表した新年号「令和」をイメージした絵がインターネット上で大きな話題となっている。

・様々な視点でさまざまな意味を感じられる
極めてアーティスティックな描写で衝撃を受ける令和の絵は、単に新年号だからとお祝いするだけの絵ではなく、様々な視点でさまざまな意味を感じられるものに仕上がっている。その通り、あらゆる意味が込められた一枚の絵に仕上がっているのである。

・極めてインパクトが強い絵
巨匠ともいうべき黒鉄ヒロシ先生らしく、一筋縄ではいかない、読み解くことが難しい絵ともいえる。この絵を見せられた番組出演者は言葉が止まっており、放送より事前に見ていたかもしれないが、それでもインパクトが強い絵だったに違いない。

・どのような気持ちで執筆したのか
深い意味が込められている黒鉄ヒロシ先生の令和の絵。皆さんは、どんな気持ちになっただろうか。そこから、どのような意味が読み取れただろうか。そして黒鉄ヒロシ先生は、どのような気持ちで執筆したのだろうか。

・黒鉄ヒロシ先生が描く名作の数々
黒鉄ヒロシ先生は、今まで「坂本龍馬」や「新選組」、そして「葉隠」など歴史を題材とした作品を複数描いており、そのどれもが人の心に残るものとなっている。気になる人は読んでみてはいかがだろうか。

もっと詳しく読む: 漫画家・黒鉄ヒロシ先生の令和をイメージした絵が話題 / 新年号をイメージ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/05/kurogane-hiroshi-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧