【衝撃事実】新紙幣1万円札の渋沢洋一は前回ボツで福沢諭吉になった事が判明 / 衝撃のボツ理由がヤバイ


shibusawa-eiichi-ichimanen-news

新紙幣の1万円札に採用された、武士であり実業家でもある渋沢洋一(91歳没)。5000円札には日本初の女子留学生として有名な教育家の津田梅子(64歳没)、1000円札には医学者の北里柴三郎(78歳没)が採用された。

・新紙幣は2024年から発行していく予定
今までよりも金額の文字が大きくなり、偽造防止のための仕組みが複雑になっているという。新紙幣は2024年から発行していく予定とのことで、多くの人たちが新たな紙幣を手にする日を待ちわびている。


特に1万円札の新たな肖像画として採用された渋沢洋一だが、実は前回の新紙幣のデザイン刷新時にボツになっていた事が判明。渋沢洋一が没になった事で、1万円札のデザインが福沢諭吉になったことが判明したのである。

・当時は偽造防止の観点からヒゲが重要だった
これは渋沢洋一記念館の板倉茂館長が話したもので、「渋沢洋一が紙幣になることの喜びは本当に大きいものがあります。当時は偽造防止の観点からヒゲが重要だったみたいで、ヒゲが渋沢洋一さんにはなかったものですから、そのときは残念ながら選ばれなかったと伺ってます」とコメントしている。

・ちょっとかわいそうな気もする
なんと、ヒゲがなかったために新紙幣デザインに採用されなかったとは、ちょっとかわいそうな気もするが、今回、新たに最先端技術で作られる1万円さつに採用されたわけで、ある意味、大きく注目されるお札になるのは間違いない。

もっと詳しく読む: 新紙幣1万円札の渋沢洋一は前回ボツになり福沢諭吉になった事が判明 / 衝撃のボツ理由がヤバイ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/09/shibusawa-eiichi-ichimanen-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧