弾き語り女子高生・稲田麗奈がTwitterで悲しみ吐露 / 母親の情事も暴露「あいつ等皆んな嘘だらけ」「YouTube投稿すごく嫌い」


reina3

9歳からギターを弾きはじめ、10歳からライブをはじめたことでも知られている、弾き語り女子高生の稲田麗奈さん。その類まれなる才能は唯一無二のもので、心の琴線に触れる音色と美声で人々を魅了し、多くの人たちを感動させてきた。

そんな彼女が引退を表明してファンが悲しみの声を上げていたが、麗奈さんが新たにTwitterアカウントを取得し、引退に関する実状を吐露。その真相が判明し、ファンが動揺を隠せずにいる。

・親族から無理矢理やらされていた演奏
麗奈さんはいままでYouTubeやライブで多数の楽曲を演奏してきたが、実はそのほとんどが「親族から無理矢理やらされていた」ものであり、苦悩と悲しみに包まれながら生きていたというのだ。以下は、稲田麗奈さんのTwitterコメントの一部引用である。

・麗奈さんのTwitterコメント
「母が麗奈ママという名前で 私に関する嘘をツイートしていたことに問題があります。ファンの方が、洗脳されていると、ツイートをしたとしても反応する事はなかったのですが、母親が、私の名前を出してツイートしたことに対して反論をしておかないとまずいと思い、アカウントを臨時で復活させました」

「自分を偽って良く見せようとする。あいつ等皆んな嘘だらけ」

「CD販売やグッズ販売なのですが、元々私は、CD販売やグッズ販売をしたくてしていたわけではなかったので、CDやグッズの販売に関わることは叔父さんが管理していました。なので、私自身そこに関して詳しい事は分かりません… 私は、住所とメッセージは書いてと言われていたので書いていました」

「これからの音楽活動をさせないと祖父は言っていたらしいですが、私は音楽をします」

「明日から、新たに音楽活動を始めます。ちっちゃな所からですが、色々な音楽の形に触れたいと思ってます。音楽もこれからも楽しめたらいいなと自分自身でも願ってます」


reina1
reina2
reina3
reina4
reina5
reina6

・自由に音楽を楽しんでいきたい
彼女の言いたいことをシンプルにまとめれば、これからは家族にも何者にも強制されず、自由に音楽を楽しんでいきたい。そういう事だろうか。

麗奈さんがTwitterで実行した激白には、叔父さん、母親、おじいちゃん、おばあちゃんなど、複数の家族から受けていた苦痛が伝わってくる。特に「YouTube投稿すること自体がすごく嫌いでした」という言葉が、むりやりやらされていた背景が分かり、ファンとして辛い気持ちとなる。

また、母親が作った彼氏との情事に苦しむ麗奈さんの声も書かれており、読んでいて非常に心が痛くなった。

・麗奈さんは麗奈さん
麗奈さんのファンは彼女が新たに取得したTwitterアカウントの書き込みに多数のメッセージを送っている。麗奈さんは麗奈さんなのだから、麗奈さん以外の意思で麗奈さんが演奏する必要はない。今後の彼女の自由から生まれた音色と美声にファンとして期待したい。

もっと詳しく読む: 弾き語り女子高生・稲田麗奈がTwitterで悲しみ吐露 / 母親の情事も暴露「あいつ等皆んな嘘だらけ」「YouTube投稿すごく嫌い」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/10/reina-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧