ダイアモンド ユカイと安めぐみ感激! 子どものための愛のランドセル「天使のはね」がトイ・ストーリー4とのキャンペーン実施!


seiban19

2019年4月10日(水曜日)、ランドセル「天使のはね」でお馴染み、株式会社セイバンが100周年記者発表会を開催しました。創業100周年を契機とし、企業ロゴマークとスローガンを刷新、100周年ロゴマークを制定、「新工場」の建設についての発表が行われました。

・『トイ・ストーリー4』のタイアップCM
さらに、一番の目玉と言えるのが、今年7月12日(金)に公開される『トイ・ストーリー4』(ピクサー)とタイアップしたキャンペーンの発表。4月10日より、全編ピクサー製作の『トイ・ストーリー4』のタイアップCMがYouTube上で公開され、4月11日よりTVでのオンエアが開始されました。

・想いが伝わってくる
「子どもの成長を見守る」という『トイ・ストーリー』シリーズのテーマが、セイバンのランドセル作りにかける想いとリンクし、今回のタイアップが実現したそう。上掲の「天使のはね『トイ・ストーリー4 小学校入学』篇」を観ると、その想いが伝わってきます。

そして、なんと、トイ・ストーリーが日本向けにオリジナルアニメーションを製作するのは、今回が初めてとのこと。ぜひ、じっくりご覧ください!

・ロックシンガーで俳優のダイアモンド ユカイ登場
また、会場にはゲストとしてタレントの安めぐみさんが、続いてロックシンガーで俳優のダイアモンド ユカイさんが、アカペラで歌いながら登場! ダイアモンド ユカイさんは、『トイ・ストーリー』日本版主題歌「君はともだち」を歌ってましたが、今回の「天使のはね『トイ・ストーリー4 天使のはねソング』篇」のCMソングも担当していらっしゃいます。

・ランドセルコンセルジュ!
そして、就学前の娘さんをもつ安さんに、子育ての先輩・ダイアモンド ユカイさんが、ランドセルコンセルジュに扮し、ランドセル選びのポイントを伝授しました。

1. 肩ベルトの穴の位置を調整しよう
まずは背負ってみて、肩ベルトの穴の位置を調整。背中に隙間ができないように、成長に合わせてベルトの長さを変えることで、6年間、快適に使うことができる。

2. 重りを入れて背負ってみよう
教科書はだいたい2kgほど。お店においてある重りを入れてみて、実際の重さを体感してみて、そのランドセルを背負って学校へ通えそうか、子ども本人に聞いてみることも大切。

3. ランドセルの重心が背中の上の方にあるか確認しよう
重心をあげながら、体にぴったりフィットさせることで、重さを分散することで軽く背負える。また、背筋が伸びた姿勢を保ついことができる。

これに対し、安さんは「全然知らなかったこともあったので、ちゃんと覚えようと思います!」とコメントしていました。

seiban16
seiban14
seiban15

・三面二重一体型の構造
セイバン「天使のはね」は、天使の羽根の形をした樹脂パーツが肩ベルトに内蔵されており、軽く感じるそう。

さらに、この肩ベルトは湾曲した3D構造になっており、体への負担を軽減。三面二重一体型の構造で、耐久性が抜群です。これなら6年間、しっかり使うことができそうだと感じましたよ。

seiban20

もっと詳しく読む: ダイアモンド ユカイと安めぐみ感激! 子どものための愛のランドセル「天使のはね」がトイ・ストーリー4とのキャンペーン実施!(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/10/seiban-toy-story-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧