【悲報】小池一夫先生がモンキーパンチ先生の追悼ツイートをした当日に死去 / 修羅雪姫や子連れ狼の漫画原作者


koike-kazuo1

人気漫画の修羅雪姫や子連れ狼などの原作者として絶大な支持を得ている小池一夫先生(82歳)が、2019年4月17日(水)に亡くなっていた事が判明し、多くの人たちが悲しみに包まれている。

・人気争いをしたライバルでもあった
小池一夫先生はモンキーパンチ先生の死に対して「人気争いをしたライバルでもあった」「淋しくなるなあ」と追悼ツイートをしていたが、そのツイートをした2019年4月17日(水)、小池一夫先生も天国へ旅立った。以下は、関係者が小池一夫先生が亡くなったことを伝えた一文である。

・関係者のTwitterコメント
「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます。なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。 皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」


・小池一夫先生のモンキーパンチ先生への追悼ツイート
「モンキーパンチさんとは40年前、漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。 淋しくなるなあ」

koike-kazuo

・入院療養中とは思えないほど気丈
小池一夫先生は、日々、気丈で的確な言葉をツイートし、多くの人たちに影響を与えてきた人物だ。亡くなった2019年4月17日(水)も、入院療養中とは思えないほどしっかりとコメントを書き込みしていた。

・偉大なるクリエイティブの匠
2019年4月11日(木)にはモンキーパンチ先生が亡くなったばかり。偉大なるクリエイティブの匠がこの世から去っていくのは、残された我々にとって非常に悲しいものがある。しかしながら、彼らが残していった作品は、未来永劫、多くの人たちに影響を与え続けるだろう。

koike-kazuo2

もっと詳しく読む: 小池一夫先生がモンキーパンチ先生の追悼ツイートをした当日に死去 / 修羅雪姫や子連れ狼の原作者(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/19/koike-kazuo-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

漫画の新着記事一覧