【炎上】池袋交通事故で極悪すぎる実態判明 / 時速100キロ以上でハンドル操作せず暴走して人間を轢きまくる


ikebukuro-jiko3

2019年4月19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区の車道で発生した、大規模で悲惨な交通事故で、新たに衝撃的な情報が判明し、多くの人たちが怒りに震えている。時速100キロ以上で暴走し、さらにハンドル操作をせず、まさに凶器と化して人間を轢きまくっていたのである。

・あまりにも残忍な暴走
これは捜査関係者がドライブレコーダーを調査したことによって判明した事実で、あまりにも残忍な暴走により、母子である松永莉子ちゃん(3歳)と松永真菜さん(31歳)が巻き込まれて死亡し、さらに男女8人が轢かれるなどして重軽傷を負った。

・暴走して11人もの死傷者を出した事故
インターネット上では「プリウスの運転操作が従来の自動車と違うのが原因」との声が上がっているが、そもそも危険運転をし、暴走して11人もの死傷者を出した事故である以上、それが言い訳とはならない。そんな声も出ている。

・暴走中に「あー、どうしたんだろう」
暴走車のドライバーは、公益財団法人評議員会議長であり、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87歳)で、ドライブレコーターには暴走中に「あー、どうしたんだろう」などと話している飯塚幸三元院長の声が記録されていたとされている。

・未来ある命をこの世から消し去る
2018年には「もう運転をやめる」という発言を周囲の人たちにしていた飯塚幸三元院長だが、利便性を重視し、運転を続けた結果、未来ある命をこの世から消し去る結果となった。

もっと詳しく読む: 池袋交通事故で極悪すぎる実態判明 / 時速100キロ以上でハンドル操作せず暴走して人間を轢きまくる(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/22/ikebukuro-jiko-bousou-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧