【炎上】母子を轢き殺した池袋交通事故の飯塚幸三氏 / 事故直後に救急より個人情報隠滅を依頼したとして猛烈批判


jiko-ikebukuro

時速100キロ以上もの猛スピードで暴走し、ハンドル操作をしないまま人間を轢き、ブレーキをかけずにゴミ収集車に衝突。2人の母子の命を奪い、8人の重軽傷者が出る凶悪な参事となった池袋交通事故。この残虐事故に関して、あまりにも非道な情報が拡散し、物議を醸している。

・激しい衝撃でゴミ収集車は横転
この事故が発生したのは、2019年4月19日の東京都豊島区。池袋の大通りでブレーキをかけずに加速しながら暴走し、複数の人たちを轢き、左折しようとしていたゴミ収集車に衝突。あまりにも激しい衝撃でゴミ収集車は横転し、暴走車はボンネットが潰れた状態でスピンして停止した。

・飯塚幸三氏は大破した乗用車から抜け出た
暴走車を運転していたのは公益財団法人評議員会議長であり、旧通産省工業技術院の飯塚幸三氏(87歳)。母子である松永莉子ちゃん(3歳)と松永真菜さん(31歳)が巻き込まれて死亡したこの事故だが、飯塚幸三氏は大破した乗用車から抜け出て、骨折はしているものの命に別状はなかったようだ。

ikebukuro-jiko2

・日本中から猛烈にバッシング
そんな飯塚幸三氏が乗用車から抜け出て、まっさきにとった行動が未確認情報として拡散しており、日本中から猛烈にバッシングされているのである。拡散している情報によると、飯塚幸三氏は事故直後、救急車を呼ぶことをせず携帯電話を操作(通話)するなどして、まっさきに以下の行動をとったという。

・飯塚幸三氏がとったとされる個人情報消去
自宅電話番号: 変更
Facebook: アカウント削除
Twitter: アカウント削除
Googleストリートビュー: 自宅にモザイク
ウィキペディア: 編集ページをロック
経済産業省サイト: 写真削除


ikebukuro-jiko

・まっさきに息子に電話
乗用車から抜け出た飯塚幸三氏は、救急車を呼んだり、轢いた人たちを救護することなく、まっさきに息子に電話をしたとされている。事故後、インターネット上のあらゆる飯塚幸三氏に関する情報が消滅していたと言われており、上記のような疑惑が生まれたようだ。

・親族や関係者が速やかに飯塚幸三氏の情報を削除か
しかしながら、87歳の飯塚幸三氏がそれらの個人情報隠蔽を自身でおこなったとは考えにくい。もし事故直後に個人情報が消滅したのが事実であれば、親族や関係者が速やかに飯塚幸三氏の情報をインターネット上から消去したのではないかとの説も出ている。

ikebukuro-jiko1

・飯塚幸三氏や親族や関係者がプロの機関に依頼か
また、Googleストリートビューのモザイクがけやウィキペディアの編集作業はそれなりの申請手順が必要であり、飯塚幸三氏や親族や関係者がプロの機関に依頼し、削除作業を委託したのではないかとの憶測も出ている。

・存在している可能性
1. 飯塚幸三氏がみずから個人情報を削除した
2. 飯塚幸三氏の親族が個人情報を削除した
3. 飯塚幸三氏の関係者が個人情報を削除した
4. 飯塚幸三氏や親族がプロ組織に依頼して個人情報を削除した
5. 最初からネットに飯塚幸三氏の個人情報は存在しなかった

・未確認情報に関しては慎重に判断したい
しかしながら、それらの情報は未確定情報であり、本当に個人情報を消そうとしたのか、そのあたりは不明なままだ。そもそも最初からネットに個人情報が存在しなかったり、事故以前に削除されていた可能性も捨てきれない。

飯塚幸三氏の暴走により、未来ある命を奪ったのは事実であり、許さない残酷な行為だ。しかし、噂だけが先行し、事実ではない情報が真実のように流れることは避けたい。未確認情報に関しては慎重に判断したいところである。

もっと詳しく読む: 母子を轢き殺した池袋交通事故の飯塚幸三氏 / 事故直後に救急より個人情報隠滅を依頼したとして猛烈批判(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/23/ikebukuro-jiko-iizuka-kouzou-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧