【激怒】池袋交通事故で母子を轢き殺した飯塚幸三さん / 警視庁が退院後も逮捕しないと発表し大炎上「容疑者にならず」


jiko-ikebukuro

あまりにも衝撃的な情報が入ってきた。2019年4月19日に東京都豊島区の池袋の路上で時速100キロ以上のスピードで暴走し、ハンドル操作をせず次々と人間を轢き、2人の母子が死亡、8人が重軽傷を負った事故で、警視庁が「逮捕しない」と発表したのである。

・旧通産省工業技術院の飯塚幸三さん
未来ある命を奪った暴走車のドライバーは、公益財団法人評議員会議長であり、旧通産省工業技術院の飯塚幸三さん(87歳)。彼は現在骨折などにより入院中だ。

・上級国民だから忖度したのか
すでに事故から5~6日が経過している現時点でも飯塚幸三さんが逮捕されていないことから、「上級国民だから忖度したのか」「地位が高いから逮捕されず容疑者にならずに済んでいる」との噂が流れていた。


・逮捕せず容疑者にもならずに放免か
そんななか、警視庁は退院後も逮捕しないと発表。今後も任意捜査として進めていくため、逮捕はせず、容疑者になることなく、池袋交通事故の騒動は収束に向かうようである。

・警視庁の逮捕しない宣言に怒りの声
退院後に厳しい捜査と追及がはじまり、逮捕されて容疑者になると思っていた日本国民は多いようで、今回の警視庁の逮捕しない宣言に怒りの声が上がっている。

同時期に発生した神戸バス交通事故では、バスの運転手が即逮捕されている。



もっと詳しく読む: 池袋交通事故で母子を轢き殺した飯塚幸三さん / 警視庁が退院後も逮捕しないと発表し大炎上「容疑者にならず」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/04/23/ikebukuro-jiko-taiho-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧