【注意喚起】ゴールデンウイーク明けに自殺者が増える / 死なないでください


usagi-no-shima39

ゴールデンウイーク明けに自殺者が増加するといわれている。連休明けから学校や会社が始まるため、日常生活でストレスが溜まっている人たちが「行きたくない」「人生が辛い」と感じてしまうという声も出ているが、連休明けが自殺の引き金になっている可能性は否めない。

・絶望が押し寄せてくる
確かに、勉強や仕事や社会の人間関係に悩むことなく自分が好きなように過ごせるゴールデンウイークだが、連休明けには勉強も仕事も社会の人間関係もいつも通りに戻る。それゆえ、逃げ出したい、助けてほしい、我慢の限界、絶望などの気持ちが押し寄せてくるのかもしれない。

・3月と5月の自殺者が多い
厚生労働省(内閣府)の自殺対策白書のデータによると、3月と5月の自殺者が多いことが分かる。年度末(冬休み)とゴールデンウイーク明けに自殺する人が多いのだと思われる。

naikakufu

・「生きていても無駄」と感じて命を絶つ
また将来に対する希望を見出しておらず、絶望感を持ちながら生活している人も少なくないという。そんな人たちが「もう終わりにしよう」「生きていても無駄」と感じて命を絶つのかもしれない。

・絶望から希望が生まれることもある
しかしながら、ほんの少しでもその悩みを第三者に打ち明けるだけで、新たな道が切り開かれ、絶望から希望が生まれることもある。いま苦悩のなかにいる人は、赤の他人だろうと自分の悩みを打ち明ける機会を作ってみてはどうだろうか。死なないでください。

もっと詳しく読む: ゴールデンウイーク明けに自殺者が増える / 死なないでください(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/06/gw-shinanaide-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧