【炎上】大津園児死亡事故は逮捕されたが池袋母子死亡事故は逮捕されず / 多くの国民が激怒「納得できない」

「上級国民だ」と猛烈批判


otsu-jiko-maps8

2019年5月8日(水曜日)午前に園児2人の命を奪った、大津市の園児死傷事故。自動車同士が車道で衝突し、そのうち一台が歩道にいた13人の園児らに突っ込み、レイモンド淡海保育園の伊藤雅宮くん(2歳)と原田優衣ちゃん(2歳)が亡くなった。

・大津園児死亡事故はすぐに逮捕
亡くなった園児2人のほか、園児2人が重症、園児8人が大けが、2人が軽傷を負っている。自動車を運転していた下山真子容疑者(62歳)と新立文子容疑者(52歳)は、2人とも即時、過失運転致死傷の疑いで県警に逮捕された。

・池袋母子死亡事故と比較される
あまりにも痛ましく悲しい死傷事故となったが、インターネット上では別の点についても物議を醸している。2019年4月19日(金曜日)に東京都豊島区の池袋で自動車を運転し、時速100キロ以上のスピードで暴走したあげく速度を加速させ、ハンドル操作をせず複数の歩行者を轢き続け、歩行していた2人の母子が死亡し、8人が重軽傷を負った事故と比較されているのだ。


・池袋母子死亡事故では逮捕者出ず「おかしい」
大津園児死亡事故は園児を轢き殺したドライバーは県警によって即時に逮捕されたが、池袋母子死亡事故で母子を轢き殺したドライバーがいまだに逮捕されていないことに対し、インターネット上で多くの国民から怒りと疑問の声が上がっているのである。

・逮捕の有無が比較されている
池袋母子死亡事故で母子を轢き殺したドライバーは、公益財団法人評議員会議長であり、旧通産省工業技術院の飯塚幸三さん(87歳)。彼が社会的が高い地位の人物であることから、「上級国民だから逮捕されないのでは」との疑念を抱く人が多く、今回の大津園児死亡事故ではドライバーがすぐに逮捕されたため、逮捕の有無が比較されているのである。

・神戸バス交通死亡事故も比較対象に
最近は大規模な交通事故が多発しており、2019年4月21日(日曜日)におきた神戸バス交通死亡事故では、神戸の市営バスが歩行者に突っ込み、男女2人が死亡。ほか6人もの人たちが重軽傷を負い、兵庫県警はすぐさま市交通局職員の大野二巳雄容疑者(64歳)を逮捕した。8人を死傷させた容疑で神戸地検に送検をしたが、やはり逮捕されない池袋母子死亡事故と比較されて「なぜ池袋だけ逮捕されないのか」との声が上がった。

・今後も国民の怒りは続きそう
池袋母子死亡事故で2人を轢き殺した飯塚幸三さんに対して、警視庁や政府が忖度したのかどうかは不明だが、死傷者が出ている交通事故で逮捕者が出でないケースは稀だと思われるため、今後も国民の怒りは続きそうだ。

【続報】
【悲惨】大津の園児死傷事故の現場 / Google ストリートビューに園児らの姿が写る「涙が止まらない」

もっと詳しく読む: 大津園児死亡事故は逮捕されたが池袋母子死亡事故は逮捕されず / 多くの国民が激怒「納得できない」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/08/otsu-ikebukuro-jiko-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧