【悲報】大津園児死亡事故で亡くなった園児の知人女性が号泣「妊娠中から知ってた」


otsu-jiko

大津市の県道で自動車同士が衝突し、歩道にいた園児13人と保育士3人の列に突っ込んできた自動車に轢かれ、園児2人が死亡した死傷事故は、多くの人たちを悲しみで包んでいる。

・未来ある園児たちの命が奪われた
この事故で15人が救急搬送され、レイモンド淡海保育園の伊藤雅宮くん(2歳)と原田優衣ちゃん(2歳)が死亡。園児1人が重体、園児と保育士の計10人が重軽傷を負っている。未来ある園児たちの命を奪い、命が助かった園児たちにも心身ともに大きなダメージを与えた。

・「過失度合いが低い」という理由から釈放
今回の事故で過失運転致死傷の疑いで県警に逮捕されたのは、下山真子容疑者(62歳)と新立文子容疑者(52歳)のふたり。軽自動車が右折中の乗用車に衝突し、歩道で信号待ちをしていた園児らに突っ込んだことが判明している。その後、下山真子容疑者(62歳)に関しては「過失度合いが低い」という理由から釈放されている。

・伊藤雅宮くんの家族と親しくしていた女性
そんななか、事故現場に献花のため訪れたひとりの女性が号泣。亡くなった2歳の伊藤雅宮くんの家族と親しくしていた女性で、伊藤雅宮くんのことを妊娠中から知っていたという。

・女性のコメント
「新しいおうちも建てて、毎日楽しそうにしていました。うう……、なんで……。ずっと妊娠中からも知ってて、お母さんそっくりの元気で明るい子でした」

・その罪深さは計り知れない
いま現在ひとりの園児が重体となっており、この事故によって発生した被害はあまりにも大きすぎる。そして亡くなった2人は二度と戻ってくることはないわけで、その罪深さは計り知れない。

もっと詳しく読む: 大津園児死亡事故で亡くなった園児の知人女性が号泣「妊娠中から知ってた」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/09/otsu-hoikuen-jiko-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧