【衝撃】不気味すぎる緑のホルモンが激しくウマイと大絶賛 / 怖いけど美味だからヤミツキになる「まるでエイリアンの肉」


yakiniku-ichinoseki5

こんなホルモン見たことない。きっと誰もがそう思うでしょう。まるでエイリアンやプレデターの肉のような色をしているホルモンが「不気味なのにあまりにもウマすぎる」と焼肉マニアの間で評判なのです。

・間違いなく新鮮で美味しいホルモン
そのエイリアンみたいなホルモンを出している焼肉屋は「とんちゃん」。このホルモンについてTVチャンピオン焼肉王選手権で準グランプリに輝いたミスタークドウ氏に話を聞いたところ「間違いなく新鮮で美味しいホルモンです。東京都内でもここまでハイクオリティなホルモンはなかなか出会えませんよ」と絶賛していました。

では、そのホルモンのどこが不気味なのか? なんと緑色をしているのです。

yakiniku-ichinoseki9
yakiniku-ichinoseki10


yakiniku-ichinoseki6
yakiniku-ichinoseki4
yakiniku-ichinoseki2
yakiniku-ichinoseki8
yakiniku-ichinoseki
yakiniku-ichinoseki1

・色で判断してはいけません
厳密にはエメラルドグリーンとでも言いましょうか。コバルトブルーのような色にも思えます。普通ではありえない色をしているホルモンですが、これがまた絶品なのです。色で判断してはいけません。激しく美味しいのです。

・粘度の高い液体をつまんでいるみたい
新鮮なホルモンなのでツヤツヤしててプルプル。そしてなにより、驚くほど柔らかく、固形というより粘度の高い液体をつまんでいるようにも感じます。トロットロなのです。もはや食べる前から「絶対ウマイ!」と言いたくなりますし気分がアガります。

yakiniku-ichinoseki7
yakiniku-ichinoseki3

・今まで知らなかったホルモンの域
鉄板で焼いている最中は、緑色のエキスがジュワジュワとわき上がっててエイリアンのホルモンを焼いているような気分になりますが、一口食べればエイリアンの虜。あまりにも旨味が上質すぎて、今まで知らなかったホルモンの域を垣間見ることができます。

・繊細で微細で上品な味付け
調味料だけに頼っているホルモンとは違い、ホルモンの旨味を最大限に引き上げることに徹した調味料の使い方をしており、繊細で微細で上品な味付けにより、ホルモン本来の旨味とコクをじっくりと堪能できます。皆さんも、この美味しすぎるホルモンをご堪能あれ。もちろん、普通の色のホルモンもありますし絶品ですよ。

どうしてここまで美味しいホルモンが出せるのか? それは気仙沼ホルモンで有名な気仙沼市が近くにあるからかもしれません。見ためだけで味は判断できませんね。

もっと詳しく読む: 不気味すぎるホルモンが激しくウマイと大絶賛 / 怖いのに美味だからガンガン食べてしまう(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2019/05/17/midorino-horumon-tonchan/

とんちゃん
住所: 岩手県一関市駅前48
時間: 11:30~14:00 / 17:00~27:00
休日: 日曜日(要確認)

<協力>
ミスタークドウ: TVチャンピオン「焼肉王選手権」「デカ盛り王選手権」に出場し、どちらも準優勝に輝く。日清公認のどん兵衛士の称号を得ており、どん兵衛とラーメン二郎要素を融合させた「どん二郎」のネーミングやレシピを考案。空条海苔助の名義で「世にも微妙なグルメレストラン」「彦龍のノリヒコさん」などを出版し、B級グルメ研究家として絶大な支持を得ている。また、昭和的な「個人経営の焼肉屋」をめぐる旅をしている。

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧