【炎上】丸山ほだか議員に国民が猛烈バッシング / 卑猥な言葉を叫びまくりか! 丸山穂高「俺はオンナを買いたいッ!」発言疑惑

丸山穂高


hodaka-maruyama

衆議院議員の丸山ほだか議員(35歳)といえば東京大学経済学部卒のエリートであり、経済産業省に入省した経験もあるスーパーエリートだ。まさに将来有望で「約束された裕福で幸せな未来」があると思われていたが、その人格に対して日本国民から猛烈なバッシングが寄せられており、再起不能ともいえる地獄状態となっている。

・戦争しないとどうしようもなくないですか
丸山ほだか議員がバッシングを受けている理由は、ふたつある。ひとつは国後島古釜布に「ビザなし交流」をした際に起きた不祥事だ。北方領土に対して「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか反対ですか」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと大声で叫んで顰蹙(ひんしゅく)を買っただけでなく、その人格を疑われた。

・俺はオンナを買いたいんだ!
そしてもうひとつは、同じく国後島古釜布で発生した不祥事だ。なんと、共同通信などの複数のメディアによれば「おっぱい!」などと卑猥な言葉を大声で叫んだだけでなく、「俺はオンナを買いたいッ!」などと叫んで強引に外出しようとしたというのである。この情報はインターネット掲示板へのタレコミや週刊新潮など複数のメディアが報じているもので、丸山ほだか議員の人格がさらに疑われる事態となっている。


・事実であれば人間性が疑われる行為
国後島古釜布に大人の関係がもてる店があるかどうか不明だが、どうであれビザなし交流で公式に訪れている国会議員が、卑猥な言葉を叫び、娼婦を求めて外出しようとする行為は最悪としか言いようがなく、人間性を疑われてもおかしくない。

・誤報ならば今すぐ弁明するべき
もちろん事実でないことを祈るばかりだが、事実でないのであれば、丸山ほだか議員の名誉のためにも「事実と異なる」「嘘が報じられている」と今すぐ弁明するべきである。ただし「酔っていた」という言い訳はいっさい通らないのは言うまでもない。

もっと詳しく読む: 丸山ほだか議員に国民が猛烈バッシング / 卑猥な言葉を叫びまくる「娼婦を求めて外出要請」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2019/05/22/hodaka-maruyama-people-anger-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧